D−HERO(デステニーヒーロー) ドミネイトガイ》

融合・効果モンスター
星10/闇属性/戦士族/攻2900/守2600
「D−HERO」モンスター×3
このカード名の(1)(2)(3)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分メインフェイズに発動できる。
自分または相手のデッキの上からカードを5枚確認し、好きな順番でデッキの上に戻す。
(2):このカードが戦闘で相手モンスターを破壊した時に発動できる。
自分はデッキから1枚ドローする。
(3):融合召喚したこのカードが戦闘・効果で破壊された場合、
自分の墓地のレベル9以下の「D−HERO」モンスター3体を対象として発動できる(同名カードは1枚まで)。
そのモンスターを特殊召喚する。

 DARK NEOSTORMで登場した闇属性戦士族融合モンスター
 自分または相手デッキトップ5枚の順番を操作する起動効果戦闘破壊した場合に1枚ドローできる誘発効果破壊された場合にカード名の異なるレベル9以下のD−HERO3体を蘇生できる誘発効果を持つ。

 融合素材D−HERO3体であり、正攻法で融合召喚しようとすると消費が激しいので、《フュージョン・デステニー》によるデッキ融合を利用したい。
 その場合、D−HERO3体分のデッキ圧縮墓地肥やしとなり、墓地利用にも大きく貢献してくれる。
 状況次第ではあるが、(3)の効果のためにも、できる限りカード名の異なるD−HERO融合素材としたい。

 (1)はデッキトップの並び替えを行う効果
 相手デッキトップも操作できるが、不確定要素が強く、有用なカードばかりという可能性もあり、サーチカード1枚で簡単に崩されてしまう。
 従って、基本的には自分デッキトップを操作することで《D−HERO ダイヤモンドガイ》《D−HERO ダッシュガイ》効果を補助することになるだろう。
 《デステニー・ドロー》《闇の誘惑》《D−HERO ディバインガイ》との組み合わせで手札の質を高めることも可能。
 または《D−HERO ディアボリックガイ》の素引きを回避のために使うのも手である。

 (2)は戦闘破壊トリガーとするドロー
 (1)の効果デッキトップを操作してから使うことで手札加えるカードを選べる。
 同等条件の純粋な手札増強は意外と少なく、《オイルメン》等のような条件付きの装備カードが多い事を鑑みても融合召喚による消費をカバーし得る効果と言える。

 (3)は破壊された場合にD−HERO蘇生する効果。
 墓地融合でもない限り、このカード融合召喚した時点で3体以上のD−HERO墓地に存在しているので、蘇生対象に困るということはないだろう。
 《フュージョン・デステニー》による自壊または、《ブラック・ホール》等を利用して能動的に効果発動できる。
 ただし、融合召喚されている状態かつレベル9以下で同名カードは2体以上蘇生出来ない制約があるので、墓地D−HEROが少ない場合は融合素材を吟味する必要がある。
 また、破壊以外の除去には当然弱いので過信は禁物。
 《D−HERO ドレッドガイ》を含めた3体を蘇生すれば、ターン中破壊耐性を得られ、《D−HERO ドレッドガイ》の高打点も狙える。

  • 「dominate」は英語で「〜〜を支配する」「〜〜を威圧する」といった意味になる。
  • アニメGXにおけるD−HEROの「D」には3つの意味があるが、その内の1つが「DESTINY(運命)」であり、劇中でも「運命を見通す・操る」等の台詞が見られた。
    このカードの(1)の効果は、デッキトップという本来なら見通せない未来を確認し、それを支配できるという点を意識したのだろう。

関連カード

収録パック等


Tag: 《D−HERO ドミネイトガイ》 融合モンスター 効果モンスター モンスター 星10 闇属性 戦士族 攻2900 守2600 HERO D−HERO

広告