(ディー)−シールド/D - Shield》

通常罠
自分フィールド上に攻撃表示で存在する「D−HERO」と名のついたモンスターが
攻撃対象になった時に発動する事ができる。
このカードは装備カードとなり、
攻撃対象になったモンスターを守備表示にしてこのカードを装備する。
装備モンスターは戦闘によっては破壊されない。

 ENEMY OF JUSTICEで登場した通常罠
 D−HERO攻撃対象になった時に発動でき、装備モンスター守備表示に変更し、戦闘破壊耐性を付与する効果を持つ。

 ステータスの低いD−HERO専用の防御カードであり、戦闘破壊耐性を付与しつつ戦闘ダメージも防ぐ事ができる。
 《D−HERO ダイハードガイ》《D−HERO デビルガイ》ならば守ることで効果適用し続けられる。

 他にも多くのD−HEROに有効なのだが、同じ条件でタイミングを選ばない《安全地帯》が存在する。
 あちらは自壊デメリットがあり、戦闘ダメージも防げないものの、破壊耐性対象にとられない耐性を付与できる。
 《陰謀の盾》1ターンに1度のみだが貫通ダメージも防げる。

 こちらを使うならば、デメリット回避のために攻撃表示にした《D−HERO ディフェンドガイ》相手攻撃してきた時に発動する、《D−HERO ダイハードガイ》とのコンボを狙う等、工夫したいところ。

  • 英語版アニメによるとD−HEROはこれを持って家を出るらしい。

関連カード

装備カードになる罠カード《鎖付きブーメラン》参照

イラスト関連

収録パック等

FAQ

Q:このカードの効果守備表示になったモンスターを、次の自分ターン攻撃表示にする事は可能ですか?
A:はい、可能です。

Q:装備カードにする効果解決時にこのカードフィールドを離れた場合でも攻撃対象になったモンスター守備表示にする処理は行いますか?
A:はい、その場合でも守備表示にする処理のみは行われます。(14/12/18)


Tag: 《D−シールド》 通常罠

広告