DDD(ディーディーディー)深淵王(しんえんおう)ビルガメス》

リンク・効果モンスター
リンク2/闇属性/悪魔族/攻1800
【リンクマーカー:左下/右下】
「DD」モンスター2体
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが特殊召喚に成功した場合に発動できる。
デッキからカード名が異なる「DD」Pモンスター2体を選んで自分のPゾーンに置き、自分は1000ダメージを受ける。
この効果を発動したターン、自分は「DD」モンスターしか特殊召喚できない。
(2):リンク召喚したこのカードが相手モンスターの攻撃または相手の効果で破壊された場合に発動できる。
自分のEXデッキ・墓地から「DD」モンスター1体を選んで守備表示で特殊召喚する。

 LINK VRAINS PACK 2で登場する闇属性悪魔族リンクモンスター
 リンク召喚に成功した場合にDDペンデュラムモンスター2体をペンデュラムゾーンに置いてダメージを受ける効果リンク召喚されている自身が破壊された場合にエクストラデッキ墓地DD特殊召喚できる効果を持つ。

 リンク素材の指定はDD2体なので、DDDシンクロモンスターエクシーズモンスターの召喚手順をそのまま利用できる。

 (1)はDDペンデュラムゾーンに置く効果
 ペンデュラムスケールの異なる2体をペンデュラムゾーンに置けばペンデュラム召喚も可能となる。
 このカードリンク先2カ所を確保できるため、エクストラデッキからも2体ペンデュラム召喚を狙える。

 ペンデュラム効果を活かすことも視野に入れれば、一方のペンデュラムゾーンに置くのは《DDD壊薙王アビス・ラグナロク》が妥当なところだろう。
 リンク素材等でDDペンデュラムモンスターエクストラデッキに送っているならば、《DD魔導賢者トーマス》《DDD運命王ゼロ・ラプラス》で回収する事で手札を確保できる。
 《DDD極智王カオス・アポカリプス》であれば、墓地DD除外する必要があるが、そのまま特殊召喚も狙える。
 任意のDD2体をペンデュラムゾーンに置けるため、《ペンデュラム・フュージョン》でどのDDD融合モンスターでも融合召喚できる。
 ただ、DD以外の特殊召喚は不可能になるため、《オッドアイズ・メテオバースト・ドラゴン》などは併用できない。
 《ペンデュラム・スイッチ》と併用すれば《灰流うらら》に妨害されない間接的なリクルートとなる。

 (2)はリンク召喚したこのカード相手によって破壊された場合にエクストラデッキ墓地からDD特殊召喚できる効果
 エクストラデッキから《DDD烈火王テムジン》などを出せばその効果DDを展開し、またこのカードリンク召喚可能になる。
 表側表示で加わっているペンデュラムモンスターでも良いため、《DDD極智王カオス・アポカリプス》などでもフォローできる。
 ただし、戦闘効果とも相手からの破壊が必要であるため、相手破壊を牽制する程度の役割となる。
 一応、相手全体除去に合わせる形で、《星遺物からの目醒め》発動できれば効果発動を狙えるが、何にしても使えたらラッキーくらいの心持ちでいるといいだろう。
 《DDD超死偉王ホワイテスト・ヘル・アーマゲドン》と並べることで対象を取る効果から守れるので除外バウンスを受けにくくすることにより破壊されることを狙いやすくなる。

 いずれも癖のある効果だが、エクストラデッキモンスターを多用し、特殊召喚に制限が発生する効果も多々ある【DD】ではDDリンクモンスターという点だけでも一定の有用性がある。

  • モチーフはメソポタミア神話『ギルガメシュ叙事詩』に登場する半神半人の古代メソポタミア王、「ギルガメシュ」だろう。
    「ギルガメシュ」はアッカド語の表記であり、シュメール語の場合「ビルガメス」または「ビルガメシュ」と表記する。
    「深淵王」の由来は同作品内で、「深淵を覗き見た」と称されていることからだろう。
    • イラストでは背中に複数の武器を背負っているが、これはギルガメシュが剣・斧・弓などの多数の武器を扱ったことが由来だろう。

関連カード

収録パック等


Tag: 《DDD深淵王ビルガメス》 モンスター リンクモンスター 効果モンスター リンク2 闇属性 悪魔族 攻1800 DD DDD

広告