DDD(ディーディーディー)怒濤壊薙王(どとうかいちおう)カエサル・ラグナロク/D/D/D Wave Oblivion King Caesar Ragnarok》

融合・効果モンスター
星10/闇属性/悪魔族/攻3200/守3000
「DDD」モンスター×2
(1):1ターンに1度、このカードが戦闘を行う攻撃宣言時に、
このカード以外の自分フィールドの「DD」カードまたは
「契約書」カード1枚を対象として発動できる。
そのカードを持ち主の手札に戻し、このカードと戦闘を行うモンスター以外の
相手フィールドの表側表示モンスター1体を選んで
装備カード扱いとしてこのカードに装備する。
(2):このカードの攻撃力は、
このカードの効果で装備したモンスターの元々の攻撃力分アップする。

 ディメンション・オブ・カオスで登場した闇属性悪魔族融合モンスター
 自身の戦闘時に相手モンスター1体を吸収する誘発効果吸収したモンスター攻撃力を自身に加算する永続効果を持つ。

 融合素材にはDDDを要求している事から《DDスワラル・スライム》《DDネクロ・スライム》には対応しておらず、《魔神王の契約書》が半ば必須となる。
 墓地融合なら比較的容易に出せるが、できる限り《DDD壊薙王アビス・ラグナロク》効果ペンデュラム召喚で再利用できるペンデュラムモンスターDDDを併用して、墓地リソースの消費を抑えたい。

 効果発動するには契約書またはDDバウンスする必要がある。
 基本的には、契約書バウンスして相手除去を封じつつ、次の自分ターンでのダメージを防ぐのが狙いとなる。
 ペンデュラムスケールを元に戻す目的で、ペンデュラムゾーンDDバウンスするのもいい。
 ただし、バウンスコストではなく対象をとる効果の処理なので、チェーン発動対象カード除去されると、再利用ができなくなるだけでなく吸収効果不発になる点に注意。

 効果自体は相手モンスター吸収する単体除去
 破壊を介さず対象もとらないので吸収できる範囲は広く、上昇した攻撃力でそのままモンスター戦闘破壊も狙える。
 ただし戦闘を行うモンスター吸収できないので、相手モンスターが2体以上いなければ効果発動できない。
 また、【DD】契約書の多用で魔法&罠ゾーンを圧迫しやすいので、吸収したモンスター置く場所の確保にも注意を払いたい。
 このカード効果契約書バウンスすれば吸収したモンスターを置く場所は確保できるが、バウンスした契約書との兼ね合いには気をつけよう。

関連カード

収録パック等

FAQ

Q:(1)の効果解決時にこのカード戦闘を行なうモンスターフィールド表側表示で存在しなくなった場合、他のモンスター装備カードにする処理は行われますか?
A:いいえ、手札に戻す処理は行われますが、装備カードにする処理は行われません。(15/07/17)


Tag: 《DDD怒濤壊薙王カエサル・ラグナロク》 モンスター 融合モンスター 効果モンスター 特殊召喚モンスター エクストラデッキ 星10 闇属性 悪魔族 攻3200 守3000 DD DDD

広告