DDD(ディーディーディー)覇龍王(はりゅうおう)ペンドラゴン/D/D/D Dragon Overlord Pendragon》

効果モンスター
星7/闇属性/悪魔族/攻2600/守2400
(1):このカードが手札にある場合、
自分メインフェイズに自分の手札・フィールドから
ドラゴン族モンスターと悪魔族モンスターを1体ずつリリースして発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。
(2):1ターンに1度、自分メインフェイズに手札を1枚捨てて発動できる。
このカードの攻撃力はターン終了時まで500アップする。
その後、フィールドの魔法・罠カード1枚を選んで破壊できる。

 デュエリストエントリーデッキVSで登場した闇属性悪魔族最上級モンスター
 悪魔族ドラゴン族リリースして自身を特殊召喚する起動効果と、手札1枚をコスト自己強化し、魔法・罠カード1枚を破壊する起動効果を持つ。

 (1)の効果は自身を特殊召喚する効果
 手札からの特殊召喚のために2体のモンスターリリースするのは重い
 【DD】では《オッドアイズ・メテオバースト・ドラゴン》《月華竜 ブラック・ローズ》などのドラゴン族を採用できるものの、それらでそのまま攻めた方が良い。
 この効果は利用せずにDDサポートカードを利用してペンデュラム召喚蘇生を狙った方が無難である。
 一応、ドラゴン族《デブリ・ドラゴン》《ドラゴラド》悪魔族蘇生させれば、リリースをすぐに確保できる。
 《DD魔導賢者ケプラー》サーチできる《オッドアイズ・ペンデュラム・ドラゴン》を使用すれば、レベル7のペンデュラム召喚に特化した【DD】ペンデュラム召喚以外の選択肢も確保できる。
 効果を止められた《ダーク・リベリオン・エクシーズ・ドラゴン》等をリリースする手もある。
 また、手札からもリリースできるため、聖刻リリースしてドラゴン族通常モンスターを出し、シンクロ召喚エクシーズ召喚に繋げるといった動きはできる。
 《ブラック・デーモンズ・ドラゴン》エクストラデッキに入れ、《融合徴兵》《召喚師のスキル》悪魔族ドラゴン族サーチしてリリースし、その後《龍の鏡》による融合召喚につなぐのも手。

 (2)の効果は、手札コストにより攻撃力強化しつつ、魔法・罠カード破壊する効果
 【DD】除去《戦乙女の契約書》への依存が強く、モンスター効果除去が行えるものは貴重である。
 また、効果の発動時には対象を取らないため、チェーンして魔法・罠カード発動されることにより効果不発になるリスクは少ない。
 ただし、魔法・罠除去は一般に展開前に行いたい効果であり、モンスターであるこのカードが所有していてもこのカード自身が《神の警告》などを受ける可能性は高い。
 手札コストを要求する点でも気軽に使える効果ではないので、無闇に依存するのは避けたいところ。

  • DDDの他のモンスターから考えると、カード名の由来はアーサー王の父であるユーサー・ペンドラゴンだろう。
    「ペンドラゴン」とはウェールズ語で「竜の頭」・「騎士の長」・「偉大な騎士」・「王」など様々な意味合いを持つ言葉で、ユーサーに与えられた称号である。
    いつ与えられたのかとその由来については諸説存在する。
  • なお、「ペンドラゴン」は苗字ではなくユーサー個人の称号なので、「アーサー・ペンドラゴン」と呼ぶのは誤りである(当時のブリトン人には苗字がない)。
    だが、「アーサー・ペンドラゴン」という誤用はかなり多くのアーサー王を題材とした作品に広がっており、このカードのモデルもアーサー王である可能性は否定できない。

関連カード

―《DDD覇龍王ペンドラゴン》の姿が見られるカード

収録パック等


Tag: 《DDD覇龍王ペンドラゴン》 モンスター 効果モンスター 星7 闇属性 悪魔族 攻2600 守2400 DD DDD

広告