DD(ディーディー)魔導賢者(まどうけんじゃ)コペルニクス/D/D Savant Copernicus》

ペンデュラム・効果モンスター
星4/闇属性/悪魔族/攻   0/守   0
【Pスケール:青1/赤1】
(1):自分は「DD」モンスターしかP召喚できない。
この効果は無効化されない。
(2):このカードがPゾーンに存在する限り1度だけ、
自分にダメージを与える魔法カードの効果が発動した場合、その効果を無効にできる。
その後、このカードを破壊する。
【モンスター効果】
「DD魔導賢者コペルニクス」のモンスター効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。
デッキから「DD魔導賢者コペルニクス」以外の
「DD」カードまたは「契約書」カード1枚を墓地へ送る。

 ストラクチャーデッキ−ペンデュラム・ドミネーション−で登場した闇属性悪魔族下級ペンデュラムモンスター
 DD以外のペンデュラム召喚を封じ、自身を破壊する代わりに自分効果ダメージを与える魔法カード効果無効にするペンデュラム効果召喚・特殊召喚に成功した場合にデッキから同名カード以外のDD契約書1枚を墓地へ送る誘発効果を持つ。

 (1)のペンデュラム効果DD以外のペンデュラム召喚を封じるデメリット効果
 同じペンデュラムスケールを持つ《DD魔導賢者ガリレイ》と違って、DD以外のモンスター破壊することはないため、DD以外のモンスターを気兼ねなく使う事ができる。
 ただし、現状のDDは高レベルに偏っているため、是が非でもこのカードペンデュラムゾーンに置きたい状況は限られる。

 (2)のペンデュラム効果は、自身を破壊する代わりに自分効果ダメージを与える魔法カード効果無効にする効果
 相手がこのカードの存在を承知で使う可能性は低いため、主に契約書デメリットを回避する目的で使う事になる。

 モンスター効果は、【DD】専用の《終末の騎士》と言える効果
 【DD】において墓地アドバンテージは非常に重要な要素であり、《DDD壊薙王アビス・ラグナロク》等の蘇生したいモンスター墓地へ送る事ができるこのモンスターの有用性は高い。
 また、《DD魔導賢者ニュートン》と組み合わせれば、擬似サーチとする事もできる。
 ただし、攻撃力0である事から迂闊に召喚すれば、大ダメージを受ける危険が高いため、守備表示特殊召喚するか各種素材にする準備をしておきたい。
 幸いレベル4なのでペンデュラム召喚もしやすく、他にも《ペンデュラム・アライズ》《召喚僧サモンプリースト》でも特殊召喚できる。

  • モチーフは、中世ヨーロッパにおけるポーランドの天文学者「ニコラウス・コペルニクス」だろう。
    「地球が宇宙の中心にあって宇宙が動いている」という当時の主流な説だった「天動説」を否定し、地球が回っているのだという「地動説」を唱えたことで有名。
    このモンスター自身のデザインも太陽系の構造を模している。

関連カード

収録パック等

FAQ

Q:《地獄門の契約書》の(2)1000ダメージを与える効果チェーンして《DD魔導賢者コペルニクス》の(2)ペンデュラム効果発動しました。
  これにチェーンして《サイクロン》発動され、《地獄門の契約書》破壊された場合、どう処理されますか?
A:《サイクロン》によって《地獄門の契約書》破壊されたことで効果ダメージ適用されなくなった結果、《DD魔導賢者コペルニクス》の効果ダメージ無効にする効果は適用されません。
  従って、その後の効果である自身を破壊する処理も行いません。(15/12/16)


Tag: 《DD魔導賢者コペルニクス》 モンスター ペンデュラムモンスター 効果モンスター 星4 闇属性 悪魔族 攻0 守0 スケール1 DD

広告