(ディー).(ディー).アサイラント/D.D. Assailant》

効果モンスター
星4/地属性/戦士族/攻1700/守1600
(1):このカードが相手モンスターとの戦闘で破壊されたダメージ計算後に発動する。
そのモンスターとこのカードを除外する。

 遊戯王デュエルモンスターズ エキスパート3 付属カードで登場した地属性戦士族下級モンスター
 自身を戦闘破壊した相手モンスターと自身を除外する誘発効果を持つ。
 この効果対象をとる効果ではない。

 攻撃力が200上がった代わりに、戦闘破壊された時にしか効果発動できなくなった《異次元の女戦士》
 《異次元の女戦士》守備表示モンスター攻撃力は低いが墓地に送りたくないモンスター除外でき、用途の広さでは一歩上を行く。
 一方こちらは、戦闘破壊された時にのみ強制発動するので、攻撃表示アタッカーに対応できる程度に留まる。
 その代わりに、攻撃力1500以上1700未満のモンスターを一方的に戦闘破壊できる。

 高い攻撃力相手モンスター破壊し、アタッカー相手には1:1交換できるというアドバンテージ獲得能力がメリットとなるモンスターだった。
 しかし、環境のインフレに伴い攻撃力の数値が全体的に上昇したために攻撃力1500以上1700未満のモンスターが減少してしまい、そのメリットが乏しくなってしまった。
 《増援》の規制、サポートカードの乏しい地属性である点も相まって、現在では《異次元の女戦士》に採用率で大きく遅れを取る形となった。
 【戦士族】でも《戦士の生還》等とかみ合っていないため、基本的に4枚目以降の《異次元の女戦士》として採用される事がほとんどである。

  • ゲーム付属カードでありながら環境の第一線で活躍したため、最盛期には1枚2000円前後の高額で取引されていた。
    2度の再録に加えてこのカード自体の需要が減少したため、現在は安価で手に入る。
  • カード名は直訳すれば「異次元の襲撃者」である。
    ちなみに、この「Assailant(アサイラント)」という単語は下記の「暗殺者」の名を持つモンスター英語名にもほとんどが使用されている。
  • 原作・アニメにおいて―
    アニメ5D'sの「アキvsミスティ」(1戦目)においてアキが使用した罠カード《次元回帰》のイラストに描かれている。
  • コナミのゲーム作品において―
    「男性か女性か」について意見が分かれるカードだったが、DSソフトの3Dを見る限り女性である事がわかる。
    《DDリクルート》ではハッキリと女性のボディラインであることが伺える。
    また、TAG FORCEでは女性モンスターのみを収録したパックにてその存在が伺える。
  • DUEL TERMINALではアムナエルとEXステージのシェリーが使用。
    召喚すると、瞬間移動したかのように突然姿を現す。

関連カード

―《D.D.アサイラント》の姿が見られるカード

―暗殺者の名を持つモンスターについては《アサシン》を参照。

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:発動タイミングはいつですか?
A:ダメージ計算後です。(14/03/30)

Q:《スキルドレイン》発動している場合、効果は有効ですか?
A:ダメージステップの処理順の都合上、効果発動の時点でフィールドに居るならば効果無効になります。
 (戦闘で破壊される事が確定している状況でも、効果発動はまだフィールドにいるタイミングであるため無効になる。)

Q:《王宮の鉄壁》発動している時に攻撃力がこのカード以上のモンスター攻撃するとどうなりますか?
A:このカードの効果適用されません。(08/11/24)


Tag: 《D.D.アサイラント》 効果モンスター モンスター 星4 地属性 戦士族 攻1700 守1600

広告