E・HERO(エレメンタルヒーロー) ダーク・ブライトマン/Elemental HERO Darkbright》

融合・効果モンスター
星6/闇属性/戦士族/攻2000/守1000
「E・HERO スパークマン」+「E・HERO ネクロダークマン」
このカードは融合召喚でしか特殊召喚できない。
このカードが守備表示モンスターを攻撃した時、
その守備力を攻撃力が超えていれば、
その数値だけ相手ライフに戦闘ダメージを与える。
また、このカードは攻撃した場合、ダメージステップ終了時に守備表示になる。
このカードが破壊された時、
相手フィールド上のモンスター1体を選択して破壊する。

 TACTICAL EVOLUTIONで登場した闇属性戦士族融合モンスター
 E・HEROの一体であり、融合召喚でしか特殊召喚できない召喚条件貫通ダメージを与える永続効果表側守備表示になる永続効果破壊された時に相手モンスター破壊する誘発効果を持つ。

 第一の効果貫通能力。
 《魂を削る死霊》などに対して大きな貫通ダメージを与えられる。
 もっとも、このカード自身の攻撃力はそれほど高くはなく、ダメージを与えられる機会は限られる。

 第二の効果攻撃後に守備表示になる効果
 守備力が低いので基本的にはデメリットとなるが、攻撃力2000では攻撃表示でもどの道戦闘破壊は避けがたい。
 高い攻撃力を持つモンスターからの戦闘ダメージを抑えられる点や、一部の攻撃表示モンスターを狙う除去カードから逃れられる点ではメリットにもなりうる。

 第三の効果《道連れ》効果
 破壊されても相手モンスター破壊できるので、融合召喚で消費したアドバンテージを取り戻すことができる。
 発動条件は緩く、戦闘破壊でも効果破壊でも発動し、自分の破壊にも対応する。
 ただし、除外バウンス墓地へ送る効果に対しては無力。

 融合素材が指定されたE・HERO融合モンスターの中では悪くない効果を持つ融合モンスターである。
 融合素材も現在においても汎用性の高い《E・HERO スパークマン》《E・HERO ネクロダークマン》であるため投入しやすく、《ミラクル・フュージョン》等のコンボにつなげやすい。
 《フュージョン・ウェポン》守備力もカバーできる。

 欠点としてはやはり中途半端なステータス
 攻撃力が高くないため、貫通効果を活かせる状況で融合召喚しなければ効果が無駄になってしまう。
 融合召喚せずともE・HEROで出せ、ダメージが期待できる《機甲忍者ブレード・ハート》《ダーク・リベリオン・エクシーズ・ドラゴン》などの使いやすいエクシーズモンスターに押され気味なのも否めない。
 何より《鳥銃士カステル》等に弱く《E・HERO アブソルートZero》と違い、効果発動できないまま容易に除去されてしまう。

 他の利点としては、闇属性レベルHERO融合モンスターなので、《マスク・チェンジ》《フォーム・チェンジ》の両方に対応する。
 またチェンジに対応するのは他のHEROも同様ではあるが、このカードの場合貫通効果適用した後に守備表示になる弱点をフォローできる。
 融合素材《E・HERO ネクロダークマン》墓地へ送るので《E・HERO エッジマン》も活かしやすくなる。
 他に、《E・HERO Core》効果蘇生でき、第三の効果を活かす事ができる。
 【ネオスビート】でなくとも、名前指定融合召喚軸の【E・HERO】では十分活躍が期待できるだろう。
 似たような運用ができる《E・HERO ネクロイド・シャーマン》とはデッキによって使い分けたい。

  • スーパーレアだが、光っている部分が異様に少なく、ノーマルにも見える。
    だが、前述とは異なる、背景が光っている仕様も存在しているようである。
  • イラストでは分かりづらいが、マスクの目にあたる部分の模様は左右非対称であり、左目は傷のような模様でデザインされている。
  • アニメ版のイラストは背景が紫であり、全体的にアニメ塗りになっている。

関連カード

―「道連れに破壊する」効果

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:このカード破壊されてゲームから除外される場合でも効果発動しますか?
A:発動します。

Q:元々の持ち主自分のこのカード相手フィールド上で破壊された場合、どちらが効果発動しますか?
A:元々の持ち主である自分になります。


Tag: 《E・HERO ダーク・ブライトマン》 融合モンスター 効果モンスター モンスター 星6 闇属性 戦士族 攻2000 守1000 HERO E・HERO 正規の方法以外での特殊召喚不可

広告