E・HERO(エレメンタルヒーロー) ブレイヴ・ネオス》

融合・効果モンスター
星7/光属性/戦士族/攻2500/守2000
「E・HERO ネオス」+レベル4以下の効果モンスター
このカードは融合召喚でしか特殊召喚できない。
(1):このカードの攻撃力は自分の墓地の「N(ネオスペーシアン)」モンスター及び
「HERO」モンスターの数×100アップする。
(2):このカードが戦闘で相手モンスターを破壊した時に発動できる。
「E・HERO ネオス」のカード名が記された魔法・罠カード1枚をデッキから手札に加える。

 SAVAGE STRIKEで登場した光属性戦士族融合モンスター
 融合召喚でしか特殊召喚できない効果外テキスト自分墓地にあるネオスペーシアンHEROの数に応じて自己強化する永続効果相手モンスター戦闘破壊した時に特定の魔法・罠カードサーチする誘発効果を持つ。

 融合素材は非常に緩く、融合召喚は簡単に行える。
 E・HEROかつ《E・HERO ネオス》融合素材に持つので、《ミラクル・フュージョン》《ミラクル・コンタクト》《ネオス・フュージョン》特殊召喚の手段も豊富。
 《超融合》相手モンスター融合素材にする事もでき、《ネオス・フュージョン》なら、特殊召喚は制限されるがあらゆるレベル4以下の効果モンスター墓地へ送る事ができる。

 (1)は自己強化
 1枚あたりの上昇値が低く、《E・HERO プリズマー》《コンバート・コンタクト》などを駆使しても強化値は大抵500ポイント程度に留まるだろう。
 《ミラクル・フュージョン》など、墓地リソースの消費が激しいカードを併用することも多いため、オマケ程度と考えていい。

 (2)は《E・HERO ネオス》サポートする魔法・罠カードサーチする効果
 サーチ対象には《ミラクル・コンタクト》《ネオス・フュージョン》など有用なものも多いが、バトルフェイズ中にサーチすることになる。
 墓地蘇生対象がいる場合は《ダブルヒーローアタック》サーチする事で追撃要員を呼ぶことができる。
 それ以外でバトルフェイズ中に発動できるのは速攻魔法《リバース・オブ・ネオス》手札発動条件を満たした《NEXT》だが、どちらも戦闘破壊を終えた状況とは発動条件が噛み合わない。
 そのため、使って攻めるにしても次のターンまで待つことになりがちである。
 《インスタント・ネオスペース》であればメインフェイズ2に装備することで除去への備えとなる。
 《NEXT》であれば融合素材とした《E・HERO ネオス》などを蘇生できるため、相性は良い。

 総合的にフィニッシャーというよりも、フィニッシャーを呼び出す為の準備を整える性能を持つ。
 融合素材の選択で墓地を肥やしつつ、専用サポートで次のターン以降に勝負を決められるようにしたい。

関連カード

(2)でサーチ可能な魔法・罠カード

収録パック等


Tag: 《E・HERO ブレイヴ・ネオス》 融合モンスター 効果モンスター モンスター 星7 光属性 戦士族 攻2500 守2000 HERO E・HERO ネオス 正規の方法以外での特殊召喚不可

広告