E・HERO(エレメンタルヒーロー) マグマ・ネオス/Elemental HERO Magma Neos》

融合・効果モンスター
星9/炎属性/戦士族/攻3000/守2500
「E・HERO ネオス」+「N・フレア・スカラベ」+「N・グラン・モール」
自分フィールド上の上記のカードをデッキに戻した場合のみ、
エクストラデッキから特殊召喚できる(「融合」魔法カードは必要としない)。
このカードの攻撃力は、フィールド上のカードの数×400ポイントアップする。
また、エンドフェイズ時、このカードはエクストラデッキに戻る。
この効果によってこのカードがエクストラデッキに戻った時、
フィールド上のカードを全て持ち主の手札に戻す。

 TACTICAL EVOLUTIONで登場した炎属性戦士族融合モンスター
 E・HEROの一体であり、《E・HERO ネオス》《N・フレア・スカラベ》《N・グラン・モール》がトリプルコンタクト融合した姿。
 コンタクト融合体共通の召喚条件フィールド上のカードの枚数によって攻撃力を上昇させる永続効果、自身をエクストラデッキ戻しつつフィールド上の全てのカードバウンスする誘発効果を持つ。

 「フィールド上のカード」にはこのカード自身も含めるので、攻撃力は実質3400である。
 攻撃力の上昇値がフィールド上のカード1枚につき400ポイントと《E・HERO フレア・ネオス》を凌駕しており、攻撃力5000や6000にする事も難しくはない。
 《ネオスペース》を張るだけで攻撃力4300にもなる。

 デッキに戻るデメリットも、全フィールドバウンスさせる効果が備わり強化された。
 対象を取らないバウンスなのでほとんどのモンスター除去できるが、自分カードも巻き込んでしまう上に強制発動するため自分への被害が大きくなりやすい。
 自分フィールドをがら空きにして相手ターンへ渡すというのは非常に危険なので、《速攻のかかし》を握っている時や、《超電磁タートル》がある時、除去したいモンスターがいる時、《リビングデッドの呼び声》など再利用したい魔法・罠カードがある時以外は狙わない方がいい。
 《ネオスペース》《インスタント・ネオスペース》で維持すれば相手エンドフェイズバウンス効果を使用する事が可能だが、耐性の無いこのカードをそれまで生存させるのはやや難しい。
 似たような運用で、《リビングデッドの呼び声》でこのカード相手ターンエンドフェイズ蘇生してバウンスする方法もあるが《ミラクル・コンタクト》から特殊召喚した場合は蘇生制限が満たされないので正規の手段でコンタクト融合する必要があり、リターンは大きいが手間も大きい。

 同じトリプルコンタクト融合体の《E・HERO ストーム・ネオス》バウンスと比べられることが多い。
 《E・HERO ストーム・ネオス》デッキへのバウンスの方が除去としては優れているが、こちらの手札へのバウンス《リビングデッドの呼び声》など無意味にフィールドに残ったカードを再利用する事もできる。

 フィールドに3体の融合素材を揃える必要があるため、通常のコンタクト融合を狙うと大きなディスアドバンテージが生じやすく、カード消費によってこのカード攻撃力も上がりづらくなる。
 基本的には、《ミラクル・コンタクト》から出せるフィニッシャーモンスターとして運用することになる。

 バウンス効果を持つ《N・グラン・モール》特殊召喚できる事から《コンタクト・アウト》とは相性が良い。
 一方、《マスク・チェンジ》で出せるのは《M・HERO 剛火》だけであり、チェンジを主軸とした【コンタクト融合】ではエクストラデッキの圧迫もあり、使いにくい。

  • アニメでのイラストは少し引いたものとなっており、後ろの光がなかった。
  • アニメ5D's第5期OPの冒頭部分でこのカードが登場している。

関連カード

収録パック等

FAQ

Q:《リビングデッドの呼び声》蘇生したこのモンスターエクストラデッキに戻るとき、《リビングデッドの呼び声》バウンスされますか?
A:はい。《E・HERO マグマ・ネオス》がエクストラデッキに戻るとき、《リビングデッドの呼び声》フィールドに残り、その後モンスター効果により手札に戻ります。(08/08/20)


Tag: 《E・HERO マグマ・ネオス》 融合モンスター 効果モンスター モンスター 星9 炎属性 戦士族 攻3000 守2500 HERO E・HERO ネオス 正規の方法以外でエクストラデッキから特殊召喚不可 融合召喚不可

広告