E・HERO(エレメンタルヒーロー) マッドボールマン/Elemental HERO Mudballman》

融合・効果モンスター
星6/地属性/戦士族/攻1900/守3000
「E・HERO バブルマン」+「E・HERO クレイマン」
このモンスターは融合召喚でしか特殊召喚できない。

 「遊戯王デュエルモンスターズGX めざせデュエルキング!」攻略本 付属カードで登場した地属性戦士族融合モンスター
 E・HEROの一体であり、融合召喚でしか特殊召喚できない効果外テキストを持つ。

 召喚制限以外のモンスター効果は持たないが、E・HEROの中でも最高の守備力を持ち、《青眼の白龍》攻撃も抑えることができる。
 攻撃力下級アタッカークラスであり、ある程度の戦闘はこなせる。

 しかし【E・HERO】が必要となるケースはほぼないため、融合召喚効果を持たないを出すメリットは少ない。
 守備力3000のが必要ならば罠モンスターだが《E・HERO アブソルートZero》融合素材にもできる《メタル・リフレクト・スライム》で事足りる。
 また、《鳥銃士カステル》などでも除去されてしまうため、としてもあまり持たない。

 融合素材は同様の組み合わせで《E・HERO アブソルートZero》《E・HERO ガイア》が使え、前者は全体除去効果を持ち、後者は攻撃力上昇能力に加え守備力が充分高い。
 基本的には《E・HERO マッドボールマン》を融合召喚するよりも上記のモンスター融合召喚した方が良い場合が多い。

 守備力が高いので、《反転世界》等があれば《青眼の白龍》と同等の攻撃力を得られる。
 《鎖付き尖盾》を装備させれば守備力5400に、《最強の盾》を装備させれば攻撃力4900に達する。
 攻撃できない制約を持つ《メタル・リフレクト・スライム》にないメリットになる。
 とはいえ、《最強の盾》以外は相性のいいE・HEROは少なく、《最強の盾》にしても、《E・HERO アブソルートZero》《E・HERO ガイア》に装備させてもほぼ同じ攻撃力が得られる。

 融合素材カード名が指定されているので《E・HERO プリズマー》《融合準備》に対応するが、その用途ではより多くの素材を選べる《E・HERO エリクシーラー》等でもいい。
 だが、《H−C エクスカリバー》等のランク4のエクシーズ召喚を狙うデッキでは特殊召喚可能な《E・HERO バブルマン》がキーとなりレベル3のE・HEROは入らない場合が多い。
 このカードレベル4のE・HERO融合素材なので融合召喚できる可能性はある。
 またレベルは6であり、《M・HERO ダーク・ロウ》《フォーム・チェンジ》から繋げられるカードの中では、《E・HERO バブルマン》に対応する利点はある。

  • アメリカでは、マクドナルドのキャンペーンでこのカードの英語版が配布された。
  • 「マッド(Mud)」は「泥」の意で、直訳すれば「泥団子男」になる。
    固体の《E・HERO クレイマン》よりも高い守備力を誇るのは、不定形の泥故に衝撃を受け流しやすいからなのか。
  • 数少ない攻撃に転じた「十代vsサイコ・ショッカー」戦と「十代vsミスターT」(2戦目)では攻撃方法がそれぞれ異なる。
    前者の方では手から強烈な光線を発射し、後者の方は跳び蹴りからの踏み潰しを試みている。
  • アニメ版のイラストは背景とポーズが異なっており、電撃を放出している姿となっている。

関連カード

収録パック等

FAQ

Q:「〜でしか特殊召喚できない。」のテキストの分類はなんですか?
A:モンスター効果とは扱いません。(→効果外テキスト)(12/04/22)

Q:《絶対魔法禁止区域》適用下において、その影響を受けますか?
A:効果モンスターなので影響を受けません。(他の魔法カード効果を受ける)(12/04/22)


Tag: 《E・HERO マッドボールマン》 融合モンスター 効果モンスター モンスター 星6 地属性 戦士族 攻1900 守3000 HERO E・HERO 正規の方法以外での特殊召喚不可

広告