EM(エンタメイト)セカンドンキー/Performapal Secondonkey》

効果モンスター
星4/地属性/獣族/攻1000/守2000
(1):このカードが召喚・特殊召喚に成功した時に発動できる。
デッキから「EMセカンドンキー」以外の「EM」モンスター1体を墓地へ送る。
自分のPゾーンにカードが2枚存在する場合、
墓地へ送らず手札に加える事もできる。

 ディメンション・オブ・カオスで登場した地属性獣族下級モンスター
 召喚特殊召喚時にEMデッキから墓地へ送る、または条件下で手札に加える誘発効果を持つ。

 墓地を肥やす効果を持つ唯一のEMだが、ペンデュラムモンスターを中心に戦う【EM】では墓地はそれほど重要性を持たない。
 Pゾーンに2枚カードがあればサーチに置き換える事できるが、より汎用性が高い《EMドクロバット・ジョーカー》《EMペンデュラム・マジシャン》が既に存在している。
 上記2体に次ぐサーチャー枠を《EMロングフォーン・ブル》《EMヘイタイガー》と競う事になるが、それらのカードはこのカードよりもサーチできる範囲が狭い。
 柔軟性においては、このカードの方が《EMロングフォーン・ブル》《EMヘイタイガー》よりも優れていると言える。

 《EMダグ・ダガーマン》ペンデュラム効果を併用し、擬似サーチにすることも可能。
 また、召喚特殊召喚の両方に対応しているため、ペンデュラム召喚後にサーチし、そのモンスター召喚するといった動きが可能。
 高い守備力でいざと言うときはにもできる。

 名前の通り《EMフレンドンキー》とは相性がよく、このカードサーチまたは墓地へ送ったEM《EMフレンドンキー》特殊召喚でき、このカード自身を特殊召喚して効果発動することも可能。

  • カード名は英語の「セカンド(Second:二番目)」と「ドンキー(Donkey:ロバ)」をかけている。

関連カード

収録パック等

FAQ

Q:ダメージステップに(1)の効果発動する事ができますか?
A:はい、発動できます。(15/07/18)


Tag: 《EMセカンドンキー》 モンスター 効果モンスター 星4 地属性 獣族 攻1000 守2000 EM

広告