KYOUTOU(キョウトウ)ウォーターフロント/Kyoutou Waterfront》

フィールド魔法
(1):フィールドのカードが墓地へ送られる度に、
1枚につき1つこのカードに壊獣カウンターを置く(最大5つまで)。
(2):1ターンに1度、このカードの壊獣カウンターが3つ以上の場合に発動できる。
自分はデッキから「壊獣」モンスター1体を手札に加える。
(3):このカードが効果で破壊される場合、
代わりにこのカードの壊獣カウンターを1つ取り除く事ができる。

 EXTRA PACK 2016で登場したフィールド魔法
 カードフィールドから墓地へ送られる度に壊獣カウンターを増やす効果、自身に乗っている壊獣カウンターが3つ以上の時に壊獣モンスターサーチする効果、自身の効果破壊を防ぐ身代わりとして壊獣カウンターを取り除く効果を持つ。

 壊獣効果を使うために必要な壊獣カウンターを溜められる数少ないカードである。
 壊獣カウンターを溜める条件も緩く、いかなるカードフィールドから墓地に行っても壊獣カウンターが乗る。
 そのため、永続カード以外の魔法・罠カード相手カード破壊するだけでも2つ置くことができる。
 《トゥーンのもくじ》《ローンファイア・ブロッサム》を用いて同名カードサーチリクルートを繰り返す事で瞬時に3つ置くことも可能である。
 壊獣モンスターが一度に消費する壊獣カウンターは最低でも2つなので、お互いカードをカウントする性質も利用して効率よく増やしたい。
 シンクロ召喚を併用し、モンスターを出しつつ使うのも手か。
 後述のサーチ効果の存在もあり、【壊獣】においては必須カードである。

 (2)の効果壊獣の万能サーチで、発動条件にこそ3つ以上の壊獣カウンターが必要になるが、取り除くわけではないので貯まってしまえば毎ターン使える。
 溜まった壊獣カウンター壊獣効果コストや自身の耐性に使う事ができる。

 (3)の効果により《サイクロン》などの魔法・罠除去にも耐性を持っているため場持ちも比較的良い。
 《スクラップ・ドラゴン》《幻影騎士団ブレイクソード》等とは相性が良く、このカード対象にすることで相手カードを一方的に破壊でき、そのまま墓地へ送られれば減ったカウンターも補充できる。
 フィールド魔法が重要な【地縛神】に投入するのもよい。
 ただし、例によってバウンス除外には耐性がないので、万全を期すのであれば《スキル・プリズナー》などの防御カードとも併用したい。

  • イラストには京都タワーの上に東京タワーが乗ったような塔が描かれているため、「KYOUTOU」とは「京都(KYOTO)」と「東京(TOKYO)」をもじった都市名と考えられる。
    昭和29年の映画『ゴジラ』でゴジラが上陸して以来、東京はたびたび怪獣の襲撃を受けており、日本一怪獣が出現した地域となっている。
    一方の京都は『ゴジラvsメカゴジラ』『ガメラ3』などで襲撃を受けているものの、怪獣出現回数は東京と比べ大幅に少ない。
  • 怪獣映画の怪獣は都市に出現すると、その地域のランドマークとなる建造物を破壊する傾向がある。
    東京タワーはその代表的存在であり、完成からわずか2年半でモスラが繭を作った事で倒壊し、その後もガメラなどにたびたび破壊されている。
  • 「ウォーターフロント」は「水辺地帯」、「海岸通り」を意味し、イラストにも海に面した街が描かれている。
  • 2017年の世界大会に関連して放送された番組で「カードイラストにちなんだ観光名所に世界大会出場者を案内しおもてなしする」という企画が行われたのだが、このカードで示唆された場所は東京タワーではなく東京スカイツリーだった。
  • 怪獣映画において、都市や巨大建造物は破壊されることが常である。
    しかし、このカード破壊されるどころか破壊に対して耐性を持っている上に、壊獣効果発動させるための壊獣カウンターを溜めて破壊に協力までしてしまっている。
    ただし、破壊こそされるものの都市としての壊滅にまで至る例は少なく、上記の通り過去に襲撃された都市が再び襲撃されるパターンは多い。
    このため単純な壊獣のサポートとしてよりも、壊獣カウンターにより破壊されても壊滅せずフィールドに残り続け、壊獣サーチで何度も怪獣が現れる様を意識してるのだろう。

関連カード

―《KYOUTOUウォーターフロント》が見られるカード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等


Tag: 《KYOUTOUウォーターフロント》 魔法 フィールド魔法

広告