Kozmo(コズモ)−エナジーアーツ/Kozmojo》

通常罠
「Kozmo−エナジーアーツ」は1ターンに1枚しか発動できない。
(1):自分フィールドの「Kozmo」モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを破壊し、相手のフィールド・墓地のカード1枚を選んで除外する。

 EXTRA PACK 2016で登場した通常罠
 フィールドKozmoモンスター破壊することで相手フィールド墓地カード除外する効果を持つ。

 Kozmo専用の《毒蛇の供物》で、除去枚数が減った分破壊から除外に変わり、墓地からも選択できるようになった。
 加えて対象をとらないため防ぐ手立てが少なく、《ブルーアイズ・カオス・MAX・ドラゴン》の様な強固な耐性を持つモンスターも容易に除去可能。
 発動回数制限により連発こそできないが、フリーチェーン対象をとらない除外が飛んでくるのは相手からしてみれば非常に厄介だろう。

 ただそのままでは相手カードチェーンしてようやく2:2交換なので、できれば機械族Kozmo破壊してリクルート効果に繋げたい。
 墓地も範囲内なので、リクルートしたモンスター攻撃するために相手フィールドがガラ空きの時に発動するといった使い方も考えられる。

  • 英語版カード名は「Kozmo」と「Mojo」を合わせたものだろう。
    「Mojo(モジョ、モージョー)」とは呪術や黒魔術、あるいはお守りやおまじないを意味する英単語である。
    • スター・ウォーズ側の元ネタとしては、作中で幾度か見られる「フォース」で首を絞めるシーンだろう。
      映っている腕には特徴的なメーターやボタンの様な物が見られる。
      これは「ダース・ベイダー」の腕と酷似しているため、恐らく《Kozmo−ダーク・エルファイバー》の腕だろう。
      設定上では「フォース・グリップ」「フォース・チョーク」といった呼称が存在し、ダース・ベイダーも劇中で何度かこの技を使用している。
      特にダース・ベイダーは劇中で部下が失態を犯したと見るやこの技で即座に処刑するという場面が何度も描かれており、自分モンスター破壊する効果はそれを元にしているのかもしれない。
  • 上述の「Mojo」から、オズの魔法使い側の元ネタとしては魔女が操る魔法で、それをフォースと重ね合わせていると思われる。

関連カード

イラスト関連

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等


Tag: 《Kozmo−エナジーアーツ》 通常罠 Kozmo

広告