Kozmo(コズモ)−パーヴィッド/Kozmo Scaredy Lion》

効果モンスター
星2/光属性/サイキック族/攻1200/守 500
「Kozmo−パーヴィッド」の(1)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):フィールドのこのカードを除外して発動できる。
手札からレベル3以上の「Kozmo」モンスター1体を特殊召喚する。
この効果は相手ターンでも発動できる。
(2):1ターンに1度、500LPを払い、
除外されている自分の「Kozmo」モンスター3体を対象として発動できる。
そのモンスターを墓地に戻し、相手に500ダメージを与える。

 EXTRA PACK 2016で登場した光属性サイキック族下級モンスター
 サイキック族Kozmo共通の誘発即時効果除外されているKozmo3体を墓地に戻して相手ダメージを与える起動効果を持つ。

 (1)の効果については《Kozmo−ドロッセル》を参照。

 (2)の効果除外されているKozmoモンスター3枚を墓地に戻し、バーンダメージを与える効果
 Kozmoモンスターは全て自身を除外して発動する効果を持つため、中盤以降なら発動は難しくない。
 しかし、除外したKozmo《Kozmo−エメラルドポリス》サルベージして再利用するのが基本であり、それを利用機会の少ない墓地に戻してしまう点で噛み合わない。
 《Kozmo−ダークエクリプサー》などのためにKozmo墓地に送る目的でも、《Kozmo−フェルブラン》の方が序盤でも発動できる上に、アドバンテージも得られるため、使いやすいだろう。
 バーンに関してもそれ程大きな数値ではなく、採用には一考を要する。

  • 「Scaredy」は臆病という意味。
    通常は「Scaredy Cat(臆病猫)=とても怖がりな人」という言い方で使われる。
    日本名の「パーヴィッド(pavid)」も同様の意味である。
  • 英語名は「臆病なライオン」であり、ブリキの木こりカカシと共に『オズの魔法使い』に登場する同名のキャラクターがモデルだろう。
  • イラスト主人公に同行する獣人という点から、映画『スター・ウォーズ』シリーズに登場する「チューバッカ」もモチーフになっていると思われる。
    しかし、劇中の彼はむしろ勇敢な性格である。
  • 元々は、TCG版Breakers of Shadowで追加された10種の海外新規カードの内の1枚である。

関連カード

収録パック等


Tag: 《Kozmo−パーヴィッド》 モンスター 効果モンスター 星2 光属性 サイキック族 攻1200 守500 Kozmo

広告