L・G・D(リンク・ゴッド・ドラゴン)

リンク・効果モンスター
リンク5/闇属性/ドラゴン族/攻5000
【リンクマーカー:左/右/左下/下/右下】
モンスター5体
このカードはリンク召喚でしか特殊召喚できない。
(1):このカードが闇・地・水・炎・風属性の全てを素材としてリンク召喚に成功した場合に発動できる。
相手フィールドのカードを全て破壊する。
(2):フィールドのこのカードは他のカードの効果を受けず、
闇・地・水・炎・風属性モンスターとの戦闘では破壊されない。
(3):相手エンドフェイズに発動する。
自分の墓地からカード5枚を選んで裏側表示で除外する。
5枚除外できない場合、このカードは墓地へ送られる。

 LINK VRAINS PACK 3で登場する闇属性ドラゴン族リンクモンスター
 リンク召喚でのみ特殊召喚可能な召喚制限、特定条件下で全体除去を行える効果効果耐性戦闘破壊耐性効果墓地カード除外しなければ自身が墓地へ送られる効果を持つ。

 リンク素材に5体を要求するが、出すだけならばトークンを使えばそこまで難しくはない。
 《スケープ・ゴート》なら4体を賄え、《幻銃士》《クラスター・ペンデュラム》も状況次第でかなりの数を賄える。
 ただし、トークンでは(1)の効果はまず狙えず、墓地カードも増えないので(3)とも相性が悪い。
 もっとも、攻撃力と(2)の耐性により1ターン限りでも十分なアタッカーとして機能する。

 なお、ランク7が出せるデッキならば《No.42 スターシップ・ギャラクシー・トマホーク》リンク素材を揃えられるのだが、あちらに戦闘ダメージを与えられない制約があるため、このモンスターを出す意味は薄く、ほかのリンクモンスターを狙う方がよい。

 (1)は相手フィールド全体除去
 神属性以外の5属性リンク素材にしてリンク召喚に成功した場合と重い発動条件を持つが、相手のみをフィールドリセットできる。
 (2)の耐性もあるためリンク召喚に成功してしまえば、その後の攻撃も含めて妨害されづらい。
 一応、上記のトークン生成カード縛りの緩いリンクモンスターにする事でリンク素材にできる数は減るもののある程度の属性を賄うことはできる。

 5属性5体を揃える方法としては、《ダーク・ドリアード》《魔の試着部屋》を合わせる方法がある。
 墓地に4枚以上の魔法・罠カードが必要だが、《トレジャー・パンダー》地属性)で他4属性通常モンスターリクルートするのも良い。
 《超古深海王シーラカンス》《魂喰らい》《フライング・フィッシュ》チューナーレベル1をリクルートし、レベル1を《リンクリボー》にして《超古深海王シーラカンス》チューナー《水晶機巧−ハリファイバー》リンク召喚炎属性チューナーリクルートしても5属性が揃う。
 《ジャンク・スピーダー》で5属性シンクロン5体を出し、《星遺物からの目醒め》相手ターンに出してもよいか。

 発動条件複数の属性として扱う永続効果を持つモンスターリンク素材に含めば複数属性としてカウントされる。
 《召喚獣エリュシオン》なら5属性を1体で賄える。

 (2)は効果を受けない耐性神属性以外の5属性からの戦闘破壊耐性
 戦闘破壊耐性は完全ではないが、そもそもステータス自体が高いためそうそう戦闘破壊されることはないだろう。
 とはいえ、本家同様《双穹の騎士アストラム》《SNo.39 希望皇ホープ・ザ・ライトニング》《オネスト》から突破される可能性はある。

 (3)は墓地カード除外しなければ自壊する効果
 発動を伴う効果ではあるが、実質的な維持コストとして見ておくといい。
 裏側表示で除外なので除外とのコンボも行いにくく、それなりに重いデメリットと言える。
 必ず5体をリンク素材にする都合上、基本的にこのカードリンク召喚した時点で墓地カードが5枚以上ある事も多く、この効果自壊も1度は回避できるだろう。
 なお、この維持コストは強制なので、墓地除外できるカードが5枚以上あるならば必ず除外しなければならない。

 なんらかの効果により効果の発動を封じることで自壊を回避することが可能。
 例えば《威光魔人》を追加で召喚するか、《能力吸収石》魔石カウンターを2つ乗せるかをすればモンスター効果の発動が封じられるため、自壊を回避できる。
 なお、《王家の眠る谷−ネクロバレー》が存在する場合、除外できないため必ず自壊する。

 高いステータスに加えて強固な耐性を持つが、壊獣など突破手段も存在し(3)の効果の存在もあるため、できればリンク召喚したターンに勝利したい。

関連カード

収録パック等


Tag: 《L・G・D》 モンスター リンクモンスター 効果モンスター リンク5 闇属性 ドラゴン族 攻5000 正規の方法以外での特殊召喚不可

広告