(ネオスペーシアン)・ティンクル・モス/Neo-Spacian Twinkle Moss》

融合・効果モンスター
星4/光属性/植物族/攻 500/守1100
このカード名はルール上「N・グロー・モス」としても扱う。
このカードは「NEX」の効果でのみ特殊召喚できる。
このカードが戦闘を行う場合、自分はカードを1枚ドローする。
この効果でドローしたカードをお互いに確認し、
そのカードの種類によりこのカードは以下の効果を得る。
●モンスターカード:このターンのバトルフェイズを終了させる。
●魔法カード:このカードは相手プレイヤーに直接攻撃する事ができる。
●罠カード:このカードは守備表示になる。

 PHANTOM DARKNESSで登場した光属性植物族融合モンスター
 カード名《N・グロー・モス》としても扱う効果外テキストと、戦闘をする際にドローしたカードの種類で様々な効果を発揮する誘発効果を持つ。

 ドローしたカードの種類によって3つの効果適用され、《N・グロー・モス》とは基本的に効果の内容に一切の変化はない。
 ただしあちらはドローするのが相手だったのに対し、こちらは自分カードドローする。
 つまり、攻撃する場合・される場合に関わらず戦闘1回につき1枚のハンド・アドバンテージが得られるため、維持することで強力なドローエンジンとなる。
 攻撃力は低いものの、どのカードドローしても自爆特攻になる事はないため、安心して攻撃できる。
 モンスターカードを引いてしまうと後続が攻撃できないままバトルフェイズが終了してしまうので、このカード攻撃は最後に行う方が良いが、相手リバースカード《聖なるバリア −ミラーフォース−》だった場合、ドロー出来ずに破壊されてしまうため、見極めが重要である。

 このカード攻撃されても、モンスターカードを引ければ攻撃は防げる。
 相手ドローされてしまう上に失敗の恐れもある戦闘破壊を狙うか、除去カードを弱小モンスターに撃つかを迫られることになる。
 たとえ戦闘破壊されても自身の効果守備表示になっている場合もあるので、必ずしも大きな戦闘ダメージが直撃するとは限らない。
 効果デッキトップカードに依存するため長く維持できるかは運が絡むが、除去されない限り最低2度は戦闘できるはずなのでさほどの問題はない。

 《次元幽閉》《オネスト》等で攻撃を防げば、相手ターンでもドローできる上に除去にもなるので非常に有効。
 特に《くず鉄のかかし》とは好相性で、2回目の攻撃モンスターカードを引いてバトルフェイズが終了させられれば理想的。
 他にも《サンダー・ブレイク》等の、フリーチェーン除去カードも有効になる。
 フリーチェーンカードは《N・ティンクル・モス》の効果解決後にも発動できるため、無駄撃ちする事がない。
 《安全地帯》ダイレクトアタック不可のデメリットより維持する事が重要なこのカードとは効果がマッチしている。

 1度でもモンスター効果発動できれば、《NEX》ディスアドバンテージを取り戻せる。
 逆に《NEX》発動に対してフリーチェーンカードで妨害されたり、カウンター罠無効化された場合はディスアドバンテージになりやすい。
 危険を避けるため、なるべく伏せ除去を行ってから特殊召喚したい。

  • アニメでのイラストは直立して衝撃波のようなものを足元から飛ばしており、背景は黒と青色のオーラとなっている。

関連カード

収録パック等

FAQ

Q:このカード相手攻撃対象に選択された時モンスター特殊召喚バトルステップの巻き戻しを行いました。
  先ほど攻撃宣言をしたモンスターがもう一度このカード攻撃対象にした場合効果は発動しますか?
A:効果発動攻撃宣言時なので発動しません。(08/11/03)

Q:このカード《スキルドレイン》効果を受けている場合、名前はどうなりますか?
A:《N・グロー・モス》《N・ティンクル・モス》両方の名を持つモンスターとして扱います。(14/06/02)


Tag: 《N・ティンクル・モス》 融合モンスター 効果モンスター モンスター 星4 光属性 植物族 攻500 守1100 正規の方法以外での特殊召喚不可 《N・グロー・モス》 融合召喚不可

広告