RR(レイド・ラプターズ)−スカル・イーグル/Raidraptor - Skull Eagle》

効果モンスター
星3/闇属性/鳥獣族/攻1000/守 500
「RR−スカル・イーグル」の(1)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):X素材のこのカードがXモンスターの効果を発動するために取り除かれ墓地へ送られた場合、
墓地のこのカードを除外し、自分の墓地の「RR」カード1枚を対象として発動できる。
そのカードを手札に加える。
(2):フィールドのこのカードを素材としてX召喚したモンスターは以下の効果を得る。
●このX召喚に成功した場合に発動する。
このカードの攻撃力は300アップする。

 ディメンション・オブ・カオスで登場した闇属性鳥獣族下級モンスター
 エクシーズモンスター効果発動するためのコストとしてエクシーズ素材の状態で墓地へ送られた場合にRRサルベージする誘発効果、自身をエクシーズ素材としてエクシーズ召喚されたモンスター自己強化効果を与えるルール効果を持つ。

 (1)の効果エクシーズ素材として取り除かれた場合に発動するRRサルベージ効果
 サルベージ先はRRであれば魔法・罠カードでもよく、同名カードサルベージ可能と、範囲は比較的広い。
 (2)の強化効果強化値が300ポイントと心許ないため、使うなら(1)の効果が主目的となる。

 だが、効果を使用するにはエクシーズ素材とする必要があるにも関わらず、単体では展開力を持たず、加えてレベル4主体の【RR】とはレベルが合わないという致命的な欠点がある。
 《RR−コール》《RR−ペイン・レイニアス》を使えばエクシーズ召喚自体は可能ではあるが、前者はRR、後者は鳥獣族しかエクシーズ召喚できなくなってしまう。
 エクシーズ召喚先の選択肢は極めて狭く、唯一のランクRRである《RR−デビル・イーグル》もその手間に見合うような性能ではない。
 このカードサルベージを狙うより、《RR−ミミクリー・レイニアス》で2枚目をサーチする方が楽なのが現状である。

 あえて使うなら、(2)の効果をメインに据えて【魔人】など通常のランク3を中心に使うデッキエクシーズ素材とするのが比較的有効か。
 《クレーンクレーン》などに対応し、《地獄の暴走召喚》《最期の同調》同名カードを並べるのも難しくない。
 3体使用しても強化としては《幻影騎士団ラギッドグローブ》に劣るが、強化するモンスターを選ばない点で勝っている。
 数値は微々たる物でも、戦闘に強い効果を持っているが元々の攻撃力が高くない《弦魔人ムズムズリズム》《トライエッジ・リヴァイア》などを強化できれば頼もしくなる。
 (1)の効果《虚空海竜リヴァイエール》に繋げるために1度使っておくと展開の幅が広がる。

  • 「スカル(skull)」とは「髑髏」、「頭脳」の意であるが、一見鷲(eagle)との関連は見られない。
    「髑髏」を死骸と捉えれば動物の死骸を食べる事を指しているのかもしれない。
    またひねった見方をする事になるが、髑髏には毛髪が残らないため禿鷲(ハゲワシ)を意味しているとも考えられる。
    しかし、どちらも由来としては説得力に欠けるため、アニメ・OCGで同時に登場した《RR−デビル・イーグル》と共に、今までに登場した下級RRの命名則とは異なるようである。
  • アニメでは(1)の効果がなかった。

関連カード

収録パック等

FAQ

(1)の効果について

Q:ダメージステップ発動する事ができますか?
A:はい、発動できます。(15/07/18)


Tag: 《RR−スカル・イーグル》 モンスター 効果モンスター 星3 闇属性 鳥獣族 攻1000 守500 RR

広告