RR(レイド・ラプターズ)−デビル・イーグル/Raidraptor - Fiend Eagle》

エクシーズ・効果モンスター
ランク3/闇属性/鳥獣族/攻1000/守   0
レベル3「RR」モンスター×2
「RR−デビル・イーグル」の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードのX素材を1つ取り除き、
相手フィールドの特殊召喚された表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターの元々の攻撃力分のダメージを相手に与える。

 ディメンション・オブ・カオスで登場した闇属性鳥獣族エクシーズモンスター
 特殊召喚された相手モンスター1体の元々の攻撃力分の効果ダメージを与える起動効果を持つ。

 レベル3のRR特殊召喚効果を持たない《RR−スカル・イーグル》しかおらず、エクシーズ召喚自体が難しい上に元々のステータスが低すぎてあちらの持つバンプアップ効果も活かせない。
 《RR−コール》《RR−ペイン・レイニアス》を併用すれば出せなくもないが、そもそもレベル4主体の【RR】レベルモンスターを混ぜる事自体が手札事故の元となりうる。

 特殊召喚を使用しないデッキは少なく、モンスター効果バーンダメージを与えるのは難しくはない。
 しかし相手モンスター除去するわけではないためボード・アドバンテージが得られず、ステータスは非常に低いため複数回の発動も難しい。
 《RR−レヴォリューション・ファルコン》や、《RR−ミミクリー・レイニアス》経由で出せる《No.61 ヴォルカザウルス》など、【RR】には同程度のダメージを与える方法も多い。

 正規のエクシーズ召喚は諦め、RUMなどで出す方が良いかもしれない。
 ランク2に《RUM−レイド・フォース》を使って出せるが、この場合は【RR】以外での採用になり、《RUM−レイド・フォース》サルベージ効果が使えない。
 唯一のランクRRのため、《RR−ラスト・ストリクス》特殊召喚し、《RUM−レイド・フォース》等でランク4のRRエクシーズモンスター特殊召喚することはできる。
 しかし同じ状況ならば《RR−ブレイズ・ファルコン》を出して《RUM−レイド・フォース》を使い、《RR−レヴォリューション・ファルコン》を出した方が大きなダメージを見込める。
 《RR−フォース・ストリクス》につなぎ後続を確保できるものの、《RUM−レイド・フォース》が前提と使い勝手が悪く、エクストラデッキの枠を圧迫したいかは疑問である。
 一応《RUM−ソウル・シェイブ・フォース》《No.61 ヴォルカザウルス》に繋げられるため、採用するならば1ターンキルに特化したデッキを組むとよいだろう。

 《RUM−レヴォリューション・フォース》エクシーズ素材のないランク2のエクシーズモンスターを奪うには必須となる。
 もっともよく使われるカード無効効果を持つ《餅カエル》程度しかいないため、ピンポイントすぎるのは否めない。

  • 「デビル(Devil)」とは「悪魔」の意であるが、一見鷲(eagle)との関連は見られない。
    鷲は各国の国章や紋章に用いられるなど信仰の象徴になりやすい反面、悪魔との関わりは見出しにくい。
    鷲と悪魔の両方に関わりを持つのは、ソロモン72柱の1柱で弓矢を持つ鷲頭の男性の姿をとるとされる「バルバトス(Barbatos)」がいる。
    しかし、由来としては説得力に欠けるため、アニメ・OCGで同時に登場した《RR−スカル・イーグル》と共に、今までに登場した下級RRの命名則とは異なるのかもしれない。
  • 第95話で遊矢たちを救出する際にこのモンスターが2体確認できる事から、黒咲はこのカードを2枚以上所持しているようである。

関連カード

収録パック等


Tag: 《RR−デビル・イーグル》 モンスター エクシーズモンスター 効果モンスター 特殊召喚モンスター エクストラデッキ ランク3 闇属性 鳥獣族 攻1000 守0 RR

広告