SPYRAL(スパイラル)−グレース/SPYRAL Master Plan》

効果モンスター
星7/闇属性/魔法使い族/攻1200/守2800
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):1ターンに1度、自分メインフェイズに発動できる。
デッキから「SPYRAL MISSION」カード1枚を手札に加える。
(2):このカードがフィールドから墓地へ送られた場合に発動できる。
デッキから「SPYRAL−グレース」以外の「SPYRAL」モンスター1体と「SPYRAL RESORT」1枚を手札に加える。

 EXTRA PACK 2017で登場した闇属性魔法使い族最上級モンスター
 SPYRAL MISSIONサーチする起動効果フィールドから墓地へ送られた場合に《SPYRAL RESORT》SPYRALモンスター1枚ずつサーチする誘発効果を持つ。

 (1)はSPYRAL MISSIONサーチ効果
 ノーコストで毎ターンサーチができ、フィールドに維持するほどアドバンテージを稼げる。
 SPYRAL MISSIONはいずれも単体では機能せず大量投入が躊躇われる部類のカードであり、このカードと併用する事で採用枚数を抑えられる。
 ただ(2)の効果があるためすぐに除去されても大きな痛手にはならないだろう。

 (2)はフィールドから墓地へ送られた場合に《SPYRAL RESORT》SPYRALモンスターを1枚ずつサーチする効果
 《SPYRAL RESORT》SPYRALモンスターサーチする効果があるので実質3枚分の増強となる。
 発動条件が緩い上にタイミングを逃す事も無く、長期維持が望めない様であればリリースシンクロ素材リンク素材にして能動的に墓地へ送るのも有効。
 ただし必ず2枚サーチしなければならないため、《テラ・フォーミング》等で《SPYRAL RESORT》デッキから枯渇させてしまうと発動出来ない点に注意。

 サーチャーとしては優秀だが、特殊召喚効果を持たない最上級モンスターなので、デッキの起点としてはやや使いにくい。
 1度フィールドに出せば2つの効果アドバンテージは稼いでくれるので、《SPYRAL GEAR−ビッグ・レッド》《SPYRAL MISSION−強襲》特殊召喚を上手くサポートしておきたい。
 一番簡単なのは、《SPYRAL−ザ・ダブルヘリックス》効果による特殊召喚だろう。
 他には《SPYRAL−ジーニアス》自己再生効果手札コストとして墓地へ送り、あちらの効果《SPYRAL GEAR−ビッグ・レッド》サーチする方法がやりやすい。
 変わった所ではメタルフォーゼと相性が良く、このカードペンデュラム召喚した後で共通のペンデュラム効果破壊すれば両方の効果を同一ターンに利用出来る。

  • 英語名に「Master」と「M」で始まる単語が含まれていることから察すると、007シリーズでジェームズ・ボンドの上司である「M」がモチーフの一つだろうか。
    作品によっては女性が配役されたこともあった。
    • 一方、日本語名の「グレース(Grace)」は「気品・上品・優雅」といった意味の他に立場や階級が上位の人に対する敬称表現で用いられていることが多い。
      このカードの固有名詞であると同様に英語名より「SPYRALモンスター達の上司的存在」であることが端的に表現されている秀逸なネーミングといえよう。

関連カード

―《SPYRAL−グレース》の姿が見られるカード

収録パック等


Tag: 《SPYRAL−グレース》 モンスター 効果モンスター 星7 闇属性 魔法使い族 攻1200 守2800 SPYRAL

広告