TG(テックジーナス) ブレード・ガンナー/T.G. Blade Blaster》

シンクロ・効果モンスター
星10/地属性/機械族/攻3300/守2200
シンクロモンスターのチューナー1体+チューナー以外のシンクロモンスター1体以上
このカードを対象とする相手の魔法・罠カードが発動した時、
手札を1枚墓地へ送る事で、その効果を無効にする。
また、相手ターンに1度、自分の墓地に存在する
「TG」と名のついたモンスター1体をゲームから除外する事で、
フィールド上に表側表示で存在するこのカードをゲームから除外する。
次のスタンバイフェイズ時、この効果で除外したこのカードを特殊召喚する。

 EXTREME VICTORYで登場した地属性機械族シンクロモンスター
 手札墓地へ送る事で自身を対象とする魔法・罠カード効果無効にする誘発即時効果相手ターンに自身を除外する誘発即時効果、次のスタンバイフェイズ帰還する誘発効果を持つ。

 シンクロモンスターチューナーに加え、非チューナーシンクロモンスターを指定するという重いモンスターである。
 効果の面でTGが必要となるため基本的には《TG ワンダー・マジシャン》レベルシンクロモンスターが望ましい。
 《TG ワンダー・マジシャン》シンクロ素材にもTGが指定されているので、このカード召喚した時点で充分な枚数のTG墓地に存在する事だろう。
 他には《フォーミュラ・シンクロン》レベルシンクロモンスター、または《アクセル・シンクロン》《TG ハイパー・ライブラリアン》等でも可能である。
 高レベルシンクロモンスターシンクロ素材にしてしまうのは惜しいが、効果を使いきった《ダークエンド・ドラゴン》等なら惜しくはない。
 また、《TG1−EM1》等で相手シンクロモンスターコントロール奪取し、素材に利用する手もある。

 1つ目の効果対象をとる魔法・罠カードへの耐性
 《強制脱出装置》等を恐れずに攻撃でき、手札がある限り耐性を付与できる。
 対象を指定しない魔法・罠カードモンスター効果には無力だが、相手ターン中ならば2つ目の効果で補える。
 ただし、シンクロ素材の関係で、ハンド・アドバンテージを失いやすいため、手札コストが充分にあるとは限らない。
 対象を指定する除去でも、2つ目の効果で回避できるのならば、こちらの効果を使わず手札の温存に努めたい。
 効果無効にするだけで破壊はしないので、《スターダスト・ドラゴン》等で無効にされる心配が無いのも大きい。
 反面、《デモンズ・チェーン》等を無効にした場合、フィールドに残ってしまい、バウンスで再利用される可能性がある。

 2つ目の効果《亜空間物質転送装置》のような効果内蔵したもの。
 墓地コストが存在する限り、相手ターンではほぼ除去されることはない。
 数多くの除去を回避し、リクルーター自爆特攻《オネスト》等を前提とした戦闘破壊も事前に回避できる。
 機械族の天敵である《キメラテック・フォートレス・ドラゴン》に関しても、《サイバー・ドラゴン》召喚時に優先権を放棄する必要があるため、この効果で回避可能。
 ただし、既に《サイバー・ドラゴン》フィールドに存在する場合、メインフェイズに入ってしまうと間に合わない。
 この場合、事実上スタンバイフェイズ終了時までにモンスター効果の発動を強要される事になる。
 次のスタンバイフェイズ特殊召喚される時にも自分ターンになってしまっているので、《奈落の落とし穴》等に無防備となってしまう。
 このテキストの「相手ターンに1度」というのは当然、同一チェーン上で複数回発動できない事を意味しているので、《強制脱出装置》等をチェーンされると1つ目の効果でしか対処できない。
 また、効果の都合上、自分フィールドがガラ空きになりやすく、直接攻撃を受けやすい。

 2つの効果によって相手ターンでは除去されにくいものの、自分ターン発動される対象を指定しない除去に対しては無力である。
 よって、採用率の高い《激流葬》《奈落の落とし穴》等には注意する必要がある。

  • 情報発表当初の書籍では文字が銀色だった(「銀色にも見える」というレベルではなく、はっきりとした銀色であり、そのせいでレアリティが勘違いされていた)。
    アニメ登場の時点ですでに金色であり、どこから出てきた色なのかは謎。
  • シンクロ召喚時の口上は「リミッター解放、レベル10!メイン・バスブースター・コントロール、オールクリアー!無限の力、今ここに解き放ち、次元の彼方へ突き進め!GO、アクセルシンクロ!カモン、《TG ブレード・ガンナー》!」。
    初登場時は口上はなかったが「遊星vsアンチノミー」戦で言うようになった。
  • アニメでのテキストは以下の通り。
    アニメ公式サイトのワンポイントレッスンではテキストが掲載されていなかったが、VJにおいて明かされた。
    《TG ブレード・ガンナー MAXX−10000》
    アクセルシンクロ・効果モンスター
    星10/地属性/機械族/攻3300/守2200
    シンクロチューナー1体+チューナー以外のシンクロモンスター1体以上
    このシンクロ召喚は相手ターンでも行う事ができる。
    手札からカード1枚を墓地へ送る事で、
    相手の魔法・罠によるこのカードへの効果を無効にする。
    相手ターンに1度、このカードはゲームから除外する事ができる。
    この効果で除外したこのカードは、
    相手ターンのエンドフェイズ時に自分フィールド上に戻ってくる。
    このカードが戦闘によって破壊された時、
    このカードのシンクロ召喚に使用した素材1組が自分の墓地に揃っている場合、
    それらを自分フィールド上に特殊召喚する事ができる。
    また、アニメ版のイラストは正面から見た構図であったが、OCGでは斜め上から見上げた構図となった。
    緑色の輪が2本追加で描かれている理由としては、自身のシンクロ召喚シンクロモンスターが最低でも2体必要なためだろう。
    OCG版では、1つ目の効果は自身の耐性を得る効果だったものが対象を限定する無効化能力になった。
    また、2つ目の効果にはコストが付き、3つ目の効果は無くなってしまった。 総合的に見てアニメ版よりかなり弱体化されている。
  • コナミのゲーム作品において―
    TAG FORCE 5では、OCGに先駆けてオリジナルカードとして登場しており、オリジナルカードにもかかわらずムービーが存在していた(《デーモンズ・マタドール》等前例も存在するが)。
    まだアニメで召喚口上が登場していなかった時期のため、「限界の先に見いだす光、未来への可能性を開け!GO、アクセルシンクロ!カモン、《TG ブレード・ガンナー》!」というゲームオリジナルの口上が用意されている。
    ゲーム版は下記のような効果である。
    《TG ブレード・ガンナー MAXX−10000》
    シンクロ・効果モンスター 
    星10/地属性/機械族/攻3300/守2200
    シンクロモンスターのチューナー+チューナー以外のシンクロモンスター1体以上
    手札を1枚墓地へ送る事で、
    このカードを対象とする相手の魔法・罠カードの発動を無効にし破壊する。
    相手モンスターの攻撃宣言時、このカードをゲームから除外する事ができる。
    エンドフェイズ時、この効果で除外したこのカードを特殊召喚する。
    フィールド上に存在するこのカードが破壊され墓地へ送られた時、
    自分の墓地に存在する「TG」と名のついたチューナー1体を選択して特殊召喚する事ができる。
    アニメ・OCGに比べて、最大の売りの除外効果攻撃宣言時かつ攻撃を止めることができないという酷いものになってしまっている。
    また、OCGにて消滅した墓地の素材モンスター特殊召喚する効果が残っているが、戦闘破壊限定でこそなくなったもののチューナー1体に限定された。
    結果として使い勝手はOCG版よりさらに悪化している。
    TAG FORCE 6では、ムービーが存在するものの、見た後もフォトギャラリーには登録されないバグがある。
    これはおそらくデータ上で《TG ブレード・ガンナー》ではなく前作のカード名である《TG ブレード・ガンナー MAXX-10000》を指定したままになっているからであると思われる。 また同作からOCG仕様の効果が使われている。

関連カード

―アクセルシンクロモンスター

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:効果分類は何ですか?
A:魔法・罠カードを無効にする効果は誘発即時効果、自身を除外する効果も誘発即時効果、その後特殊召喚される効果は誘発効果です。(13/06/18)

Q:自身の効果除外し、帰還したこのカードを、《TG レシプロ・ドラゴン・フライ》墓地へ送った場合、シンクロ素材特殊召喚できますか?
A:いいえ、できません。(12/07/20)

Q:魔法・罠カード無効にする効果は、ダメージステップ発動できますか?
A:いいえ、できません。(14/03/24)

Q:自身を除外する効果解決時にこのカード裏側表示になった場合でも、除外する効果適用されますか?
A:いいえ、適用されずこのカード除外されません。(11/11/14)

Q:自身を除外する効果ダメージステップ時に発動できますか?
A:いいえ、発動できません。(11/03/08)

Q:自身を除外する効果チェーンし、《TG1−EM1》発動してこのカード相手フィールドに移した場合、除外する効果は適用されますか?
A:その場合でも、自身をゲームから除外します。
 次のスタンバイフェイズ時には元々の持ち主である自分フィールド上に特殊召喚されます。(11/09/05)

Q:このカードのスタンバイフェイズ特殊召喚する効果はチェーンブロックを作りますか?
A:このカードの、『スタンバイフェイズ時、この効果で除外したこのカードを特殊召喚する。』効果は、チェーンブロックを作る効果となります。(11/11/10)


Tag: 《TG ブレード・ガンナー》 シンクロモンスター 効果モンスター モンスター 星10 地属性 機械族 攻3300 守2200 TG

広告