TG(テックジーナス) ワンダー・マジシャン/T.G. Wonder Magician》

シンクロ・チューナー・効果モンスター
星5/光属性/魔法使い族/攻1900/守   0
チューナー+チューナー以外の「TG」モンスター1体以上
(1):このカードがS召喚に成功した場合、
フィールドの魔法・罠カード1枚を対象として発動する。
そのカードを破壊する。
(2):相手メインフェイズに発動できる。
このカードを含む自分フィールドのモンスターを素材としてS召喚する。
(3):フィールドのこのカードが破壊された場合に発動する。
自分はデッキから1枚ドローする。

 EXTREME VICTORYで登場した光属性魔法使い族シンクロモンスターチューナー
 シンクロ召喚に成功した場合に魔法・罠カードを1枚破壊する誘発効果相手ターンに自身を素材にしてシンクロ召喚できる誘発即時効果破壊された場合にドローする誘発効果を持つ。

 非チューナーTGが指定されているものの、TGレベル1〜4の非チューナーが揃っており、シンクロ召喚は難しくない。
 《TG ストライカー》《TG ワーウルフ》《TG サイバー・マジシャン》《TG ラッシュ・ライノ》《TG ジェット・ファルコン》《TG カタパルト・ドラゴン》《TG スクリュー・サーペント》《TG ブースター・ラプトル》はそれぞれの効果で可能である。
 また、チューナー縛りはないため、《ジャンク・シンクロン》1枚からシンクロ召喚を狙うことができる。

 (1)は、シンクロ召喚に成功した場合に魔法・罠カード破壊する誘発効果
 シンクロ召喚するだけでアドバンテージを得ることができる。
 更なるシンクロ召喚を狙う上でも、魔法・罠カードによる除去の脅威を取り除けるのは非常に便利。
 ただし強制効果なので、自分フィールドにしか魔法・罠カードが存在しない時や、相手フィールド破壊トリガーとするカードがある場合に暴発させないように注意が必要である。

 (2)は、相手ターンシンクロ召喚できる誘発即時効果
 相手ターン中にシンクロ召喚が行えるシンクロチューナーのため、高レベルシンクロ召喚に繋げやすい。
 同じくTGである《TG ブレード・ガンナー》シンクロ素材となれる他、同レベル《TG ハイパー・ライブラリアン》とも相性が良い。
 レベルシンクロモンスターシンクロ召喚に特化する構築にすれば上記のカードと共に様々な場面での活躍が可能となる。

 (3)は、自身が破壊された場合にドローする誘発効果
 バウンス除外されると発動しないのものの、除去に対するある程度の牽制にはなる。
 シンクロ召喚を中心とした構築では(2)の効果シンクロ素材にする場合が多いので使用機会は少ないが、下記の《水晶機巧−ハリファイバー》で出した場合は発動機会も多い。
 相手除去チェーンして《リビングデッドの呼び声》などで蘇生すればディスアドバンテージの回避にもなる。

 《水晶機巧−ハリファイバー》とは抜群の相性を誇る。
 あちらの効果相手メインフェイズバトルフェイズフリーチェーンでこのカードシンクロ召喚扱いで特殊召喚できるため、(1)の効果を疑似《サイクロン》の様に扱える。
 そのまま(2)の効果シンクロ召喚に繋いでも良し、として放置して(3)の効果ドローしても良しと至れり尽くせりである。
 シンクロ召喚を行わないデッキでも高確率で(1)(3)によりアドバンテージが獲得できるため、とりあえずセットで採用される事も多い。

  • その見た目に反し、本放送の初登場時は野太い男性の声だった。
    登場時に同様の被害を受けたモンスターは、他には《時械神ザフィオン》をはじめ数多く存在するが、特にこのカードはギャップが大きかった。
    後に「ブルーノvsプラシド」戦で登場した際には女性の声に変わっていた。
    また、アニメでは機械族としても扱うことを反映してか、この時魔法使い族でありながら初登場時と異なり《A・ボム》をパンチで破壊している。
  • シンクロ召喚時の口上は「リミッター解放、レベル5!ブースターランチ、OK!インクリネイション、OK!グランドサポート、オールクリアー!GO、シンクロ召喚!カモン、《TG ワンダー・マジシャン》!」。
    初登場時はシンクロ召喚時の口上はなかったが「ブルーノvsプラシド」戦から言うようになった。
  • コナミのゲーム作品において―
    TAGFORCE5では、OCGに先駆けてオリジナルカードとして登場している。
    ゲームでは下記のような効果である。
    《TG ワンダー・マジシャン SCX−1000》
    シンクロ・チューナー(効果モンスター)
    星5/光属性/魔法使い族/攻1900/守   0
    チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
    このカードをシンクロ素材とする場合、
    「TG」と名のついたモンスターのシンクロ召喚にしか使用できない。
    相手のメインフェイズ時、
    自分フィールド上に表側表示で存在するこのカードを
    シンクロ素材としてシンクロ召喚をする事ができる。
    このカードの種族は機械族としても扱う。
    フィールド上に存在するこのカードが破壊され墓地へ送られた時、
    自分のデッキから「TG」と名のついたモンスター1体を手札に加える事ができる。
    TG以外のシンクロ素材に使用できない代わりに自身のシンクロ素材に縛りがないため、《ジャンク・シンクロン》を使いまわすデッキならば《TG ブレード・ガンナー MAXX-10000シンクロ召喚しやすかった。
    また、イラストはアニメと同じ仕様になっていた。
  • DUEL TERMINALではアンチノミーが使用。
    また、隠しデッキ限界を打ち破る境地(トップ・クリア・マインド)」が使用できる。
    シンクロ召喚時にはアニメと同じく右目をウィンクし、イラストの背景にある白いベールをまとって登場する。
    攻撃時はアニメと異なり、頭上の白い球体から光線を放つ。
    スピードデュエルで表情まで変わるのは非常に珍しく、かなり力の入った演出である。
    シンクロ召喚時の台詞は、上記のアニメの台詞に「シンクロチューナー」の語句がカード名の前に追加されている。

関連カード

シンクロチューナーの一覧はシンクロチューナーを参照

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:効果分類は何ですか?
A:(1)の効果誘発効果、(2)の効果誘発即時効果、(3)の効果誘発効果になります。(11/07/31)

Q:相手メインフェイズ時にシンクロ召喚する事ができる効果に対して《天罰》《昇天の黒角笛》発動できますか?
A:できます。誘発即時効果として発動するため、効果発動に対して《天罰》発動し、《TG ワンダー・マジシャン》を破壊できます。
  また、シンクロ召喚の処理に対して《昇天の黒角笛》発動し、無効にすることができます。その場合、《TG ワンダー・マジシャン》を含むシンクロ素材墓地へ送られている状態になります。(12/01/15)

Q:自分フィールド上に《TG ワンダー・マジシャン》がいて、相手メインフェイズ《シンクロ・マテリアル》発動した場合、選択された相手モンスターを使って相手シンクロ召喚を行う前に、選択されたモンスターと《TG ワンダー・マジシャン》でシンクロ召喚できますか?
A:できます。相手メインフェイズ時にシンクロ召喚する事ができる効果の種別は誘発即時効果なので、《シンクロ・マテリアル》処理後のクイックエフェクトのみ発動できるタイミングでシンクロ召喚することができます。(12/01/15)

Q:《クイーンマドルチェ・ティアラミス》効果《フォーミュラ・シンクロン》効果チェーンしてこのカードシンクロ召喚しました。
  チェーン1でこのカードエクストラデッキ戻った場合、魔法・罠カード破壊する効果発動しますか?
A:チェーン処理が解決した後に発動します。(12/09/21)


Tag: 《TG ワンダー・マジシャン》 シンクロモンスター チューナーモンスター 効果モンスター モンスター 星5 光属性 魔法使い族 攻1900 守0 TG

広告