U.A.(ウルトラアスリート)ペナルティ/U.A. Penalty Box》

永続罠
「U.A.ペナルティ」の(1)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分の「U.A.」モンスターが相手モンスターと戦闘を行う
ダメージステップ開始時にこの効果を発動できる。
その相手モンスターを、発動後2回目の相手エンドフェイズまで除外する。
(2):墓地のこのカードを除外して発動できる。
デッキから「U.A.」魔法カード1枚を手札に加える。

 EXTRA PACK 2015で登場した永続罠
 戦闘を介して相手モンスターを一時的に除外する効果と、自身を墓地から除外U.A.魔法カードサーチする効果を持つ。

 1つ目の効果U.A.モンスター戦闘を行った相手モンスター除外する効果
 一時的な除外ではあるが、戻ってくるのは相手の2回目のエンドフェイズなので、自分ターン発動すれば3ターン半、相手ターンでも2ターン半は除外されたままという事になる。
 高速化した今の環境では2ターン除外されるだけでも十分痛手であり、戻ってきた頃には形勢逆転ということも珍しくない。
 特にエクシーズモンスターは、除外した時点でエクシーズ素材が失われるため、一時的な除外でも効力は高い。
 ただし1ターンに1度しか発動できないため、どのモンスターを除外するかはよく考えたい。

 2つ目の効果は自身を墓地から除外してU.A.魔法カードサーチする効果
 永続罠なので能動的に使用するには手間がかかるが、除去されてもアドバンテージを失うことがないのはありがたい。
 《U.A.パーフェクトエース》手札コストとしても適役。

 2つの効果は噛み合っているわけではないが、どちらも優秀な効果といえる。
 U.A.には元々優秀なアタッカーが多いが、それら単体で対処できないモンスターが現れた時には心強いカードである。

 即座に(2)の効果発動できる《おろかな副葬》との相性は抜群であり、《おろかな副葬》が実質U.A.魔法カードサーチカードに化ける。
 このカード手札に来たとしてもデッキ内に同名カードがあればU.A.モンスターリクルートする《U.A.フラッグシップ・ディール》サーチすることで(1)の効果を満たすようになるため腐ることがなくなる。
 採用する場合、同じく相性の良い《小人のいたずら》も採用すればレベル5である《U.A.マイティスラッガー》《U.A.パーフェクトエース》リリースなしで召喚可能となり《U.A.スタジアム》サーチトリガーとなる。

  • モチーフは、アイスホッケーで反則を犯した選手が送られる「ペナルティボックス」か。
    その反則の重さに応じて隔離される時間が決まっており、この場所にいる限り試合に参加することができない状態となる。
    しかし、このカードU.A.攻撃してもされても反則を取られるのは相手だけという、ある意味アンフェアな効果となっている。
    ちなみに、アイスホッケーをモチーフにした選手は現在カード化されていない。

関連カード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等


Tag: 《U.A.ペナルティ》 永続罠

広告