《えん魔竜(まりゅう) レッド・デーモン・アビス/Hot Red Dragon Archfiend Abyss》

 ※「えん」は機種依存文字のためひらがなで代用しています。正しくは玉偏に炎。

シンクロ・効果モンスター
星9/闇属性/ドラゴン族/攻3200/守2500
チューナー+チューナー以外のドラゴン族・闇属性Sモンスター1体
「えん魔竜 レッド・デーモン・アビス」の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):相手フィールドの表側表示のカード1枚を対象として発動できる。
そのカードの効果をターン終了時まで無効にする。
この効果は相手ターンでも発動できる。
(2):このカードが相手に戦闘ダメージを与えた時、
自分の墓地のチューナー1体を対象として発動できる。
そのモンスターを守備表示で特殊召喚する。

 ブースターSP−ハイスピード・ライダーズ−で登場した闇属性ドラゴン族シンクロモンスター
 相手フィールド表側表示カード1枚を無効にする誘発即時効果戦闘ダメージを与えた時にチューナー1体を蘇生する誘発効果を持つ。

 非チューナー闇属性ドラゴン族シンクロモンスターを指定しているため、通常はシンクロ召喚に一手間かかる。
 リゾネーターを採用するデッキでは、レベルリゾネーターレベル3非チューナー《レッド・ライジング・ドラゴン》を出し、効果レベルリゾネーター蘇生すれば簡単に出せる。
 その他はレベルレッド・デーモン《ダークエンド・ドラゴン》レベルチューナーの組み合わせが多いだろう。
 チューナーも、《グローアップ・バルブ》《シンクローン・リゾネーター》《ジェット・シンクロン》特殊召喚しやすいものが多くいる。
 【バスター・ブレイダー】では《破戒蛮竜−バスター・ドラゴン》レベル1の破壊剣チューナーの組み合わせでシンクロ召喚が狙える。
 低レベル中心のデッキならば《デブリ・ドラゴン》《転生竜サンサーラ》の組み合わせが比較的揃えやすいか。

 (1)の効果は、相手フィールドカード1枚を一時的に無効化する効果
 《C・HERO カオス》と違って自分カードには使えなくなったが、基本的な使い方は共通している。
 シンクロ素材となるレッド・デーモン《ダークエンド・ドラゴン》が持つ効果除去した後にシンクロ召喚すれば、相手の抵抗を封じてそのままフィールド制圧できる。

 (2)の効果は、戦闘ダメージを与えた時にチューナー1体を蘇生する効果
 守備表示で固定されている事から追撃には使えないが、レベルチューナー蘇生して、《えん魔竜 レッド・デーモン・ベリアル》へ繋げらる。
 《緊急同調》を併用すれば追撃で大ダメージを狙える。
 蘇生したチューナー効果無効にならないため、無理にシンクロ召喚せずにそちらの効果と連携するのも手だろう。
 シンクロ召喚に使うのはレベルの関係で難しいが、《ナチュル・ローズウィップ》特殊召喚すればあちらの魔法・罠カード発動制限とこのカードの(1)の効果相手魔法・罠カードを大きく制限することができる。

 手間はかかるが高い制圧力を持つため、多少無理してでもシンクロ召喚する価値はあると言える。
 《えん魔竜 レッド・デーモン・ベリアル》とも相性が良いが、無理にこのカードを素材にして出そうとすると、除去カード発動される恐れもあるため、このカードを維持した方が良い場合も多い。
 また、エクストラデッキを圧迫するため、他のレッド・デーモンも採用する必要があるかはよく考えておきたい。

  • シンクロ召喚時の口上は「深淵の闇より解き放たれし魔王よ!!その憤怒を爆散させよ!!《えん魔竜 レッド・デーモン・アビス》!!」。

関連カード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等


Tag: 《えん魔竜 レッド・デーモン・アビス》 モンスター シンクロモンスター 効果モンスター 星9 闇属性 ドラゴン族 攻3200 守2500 レッド・デーモン デーモン

広告