《きつね()/Fox Fire》

効果モンスター
星2/炎属性/炎族/攻 300/守 200
フィールド上に表側表示で存在するこのカードが
戦闘によって破壊され墓地へ送られたターンのエンドフェイズ時、
このカードを墓地から特殊召喚する。
このカードはフィールド上に表側表示で存在する限り、
アドバンス召喚のためにはリリースできない。

 RISE OF DESTINYで登場した炎属性炎族下級モンスター
 戦闘破壊され墓地へ送られたターンエンドフェイズ自己再生する誘発効果アドバンス召喚のためにリリースできない永続効果を持つ。

 戦闘破壊されても自己再生するので、ブロッカーとして使える。
 自己再生するのはエンドフェイズなので同一ターンに複数回のとなることはできないが、メインフェイズ2除去されないので次の自分ターンまで容易に生き残れる。

 炎属性リクルーターである《UFOタートル》《フレムベル・ヘルドッグ》とは相性がよい。
 特に後者は表側守備表示で展開できるため、としての役割を任せられる。
 守備力レベルから多くのサポートに対応するため、効果破壊をされても再びフィールドに出しやすい。

 《強制転移》などのコントロール転移カードと相性が良く、そのまま攻撃し、戦闘破壊できれば直接攻撃に近いダメージを与えつつアドバンテージを確保できる。
 攻撃が成功しなくとも相手ターンアドバンス召喚エクシーズ素材に使われにくく、守備表示にされても戦闘破壊すれば戻ってくる。

 また、《スキルドレイン》との相性も良い。
 リリースできないデメリットが消え、自己再生効果のみが残り、自己再生はできなくなるがアドバンス召喚にも使える。
 またモンスター効果による破壊が防げるため、場持ちがよくなる。
 《スキルドレイン》を採用するのであれば、同じく自己再生効果を持つ《ネフティスの鳳凰神》《暗黒のマンティコア》と併用する手もあるだろう。

 守備力200の炎属性モンスターであるため、一部のフレムベルサポートを受けられる。
 レベル2の非チューナーとして貴重なので、《真炎の爆発》を採用したデッキでも採用の余地がある。

 単体での運用では《マシュマロン》《魂を削る死霊》に劣るが、特定カードとのコンボで力を発揮するブロッカーと言える。

  • 「きつね火(狐火)」とは、「燐火」などと言われ、真夜中に野原や墓地などで現れるとされる奇怪な火の玉の事。
    こういった不可思議な現象は日本以外でも起こり、「鬼火」や「ウィルオウィスプ」等と言われ、死者のさまよっている魂や、精霊が現世に現れた姿など、各地で心霊現象として扱われている。
    精霊使いである《火霊使いヒータ》の使い魔としてはぴったりのモンスターだろう。
  • 原作・アニメにおいて―
    漫画GXにおける「十代vs三沢」戦にて三沢が使用。
    その自己再生能力を遺憾なく発揮し、永続罠《魂のさまよう墓場》とのコンボを披露した。
    漫画では、あらゆる生け贄に使用できない制約を持っていた。
  • アニメGXにて登場した通常罠《ヴォルカニック・カース》のイラストに描かれている。

関連カード

―《きつね火》の姿が見られるカード

収録パック等

FAQ

Q:このカード裏側守備表示の時に攻撃を受けた場合、効果発動しますか?
A:はい、その場合でも発動します。(13/12/12)


Tag: 《きつね火》 効果モンスター モンスター 星2 炎属性 炎族 攻300 守200

広告