《そよ(かぜ)精霊(せいれい)/Spirit of the Breeze》

効果モンスター
星3/風属性/天使族/攻   0/守1800
このカードが自分フィールド上に表側攻撃表示で存在する限り、
自分のスタンバイフェイズ毎に自分は1000ライフポイント回復する。

 Spell of Mask −仮面の呪縛−で登場した風属性天使族下級モンスター
 自分スタンバイフェイズ毎に、自分ライフ回復する永続効果を持つ。

 守備力は高いが、回復効果を使うには無防備な攻撃表示スタンバイフェイズを迎えねばならない。
 《ドラゴンフライ》等のリクルーター《和睦の使者》などの防御カード必須となる。
 《スクリーン・オブ・レッド》ならライフコストをこのカードで補えるため、相性自体は悪くない。
 《ガリトラップ−ピクシーの輪−》《オレイカルコスの結界》等で守るのも有効。
 ペンデュラム召喚などで表側守備表示で出した後、スタンバイフェイズ《重力解除》攻撃表示に変えるのも手か。
 【天空の聖域】では戦闘ダメージを回避でき、ライフゲインが重要なモンスターを採用しやすいので相性がいい。

 同属性種族に同じライフゲイン効果を持つ《踊る妖精》が存在する。
 表側攻撃表示召喚することは簡単なので、このカード《踊る妖精》よりも楽に効果を使えるが、攻撃力がないので反撃されると非常に危険である。
 あちらも守備力が僅か1000でありながら守備表示でなければ回復できないが、それでもロック対策や【キュアバーン】には利用価値がある。
 ペンデュラム召喚《レベル制限B地区》《つまずき》を併用すれば守備表示で安全に回復できるため、このカードよりもロックと併用しやすい。

 だが、こちらは攻撃力の低さからリクルートしやすく、守備力の高さからとして使えるメリットがある。
 リクルーターからリクルートして一度だけライフゲインし、後は守備表示《強制転移》でもするのが最も現実的だろう。
 どうしても回復効果を持続的に使いたければ、《光の護封壁》などの攻撃力を問わないロックカード《反転世界》等の守備力攻撃に活かせるカードを投入しよう。

  • 原作・アニメにおいて―
    アニメGXの「万丈目準vs長作」戦で万丈目準が使用。
    《暗黒の扉》と併用され、として1ターン凌いだ。
    作中では度々「精霊のカード」という言葉が出てくるが、特にこのカードの事を指しているわけではない。
  • アニメ5D'sにおいて、アキと同じ病院に入院中のハルカが落としたカードの中にも確認できる。
  • コナミのゲーム作品において―
    DUEL TERMINALでは龍可が使用。
    第9弾では専用ボイスも用意されている。

関連カード

―類似効果

―名前関連

収録パック等

FAQ

Q:回復する効果の種別は何になりますか?
A:永続効果になります。(11/05/15)


Tag: 《そよ風の精霊》 効果モンスター モンスター 星3 風属性 天使族 攻0 守1800

広告