《はぐれ者傭兵部隊(ものようへいぶたい)/Missing Force》

効果モンスター
星4/闇属性/戦士族/攻1500/守1000
自分フィールド上にこのカード以外のモンスターが存在しない場合、
このカードをリリースして発動できる。
相手フィールド上のモンスター1体を選択し、
エンドフェイズ時までコントロールを得る。
この効果を発動するターン、
自分はモンスターを特殊召喚できず、バトルフェイズを行えない。

 ABYSS RISINGで登場した闇属性戦士族下級モンスター
 自身をリリースすることでエンドフェイズまでのコントロール奪取を行う起動効果を持つ。

 せっかくコントロールを奪っても特殊召喚バトルフェイズを行えず、コントロール奪取したモンスターシンクロ素材エクシーズ素材に使えない。
 肝心のコントロール奪取エンドフェイズまでと、重い制約の割に合っていない。
 このカードを使用する場合、相手モンスター効果を使いたい場合か、アドバンス召喚射出カードのためのリリースコストの捻出に使う事になる。

 しかしアドバンス召喚するにしても、召喚権をこのカードで使用してしまうと不可能になる。
 制約により、自身を特殊召喚したターン効果を使うことも不可能。
 攻撃もできないので、ガラ空きにした後で直接攻撃をすることができない。
 単にアドバンス召喚をするのであれば《帝王の烈旋》で良く、《神秘の中華なべ》等とコンボするにも特殊召喚の制限がない《クロス・ソウル》の方が使いやすい。
 相手モンスター効果を利用するにしても、制約がなくリリースも必要ない《N・ブラック・パンサー》がいる。

 相手ターン《キラー・トマト》等から特殊召喚しなければ活用は難しいだろう。
 しかし、単に相手モンスターが欲しいならば制約の少ない《精神操作》《強制転移》などが存在するため、このカードを優先する意義は薄い。
 相手モンスター除去したいのであれば、相手モンスター破壊耐性持ちでもない限り、デメリットがなく《奈落の落とし穴》に引っかからない《ならず者傭兵部隊》を使用した方が良い。

関連カード

イラスト関連

収録パック等


Tag: 《はぐれ者傭兵部隊》 効果モンスター モンスター 星4 闇属性 戦士族 攻1500 守1000

広告