《アーティファクトの解放(かいほう)/Artifacts Unleashed》

速攻魔法
自分フィールド上の「アーティファクト」と名のついたモンスター2体を選択して発動できる。
選択したモンスター2体のみを素材としてエクシーズモンスター1体をエクシーズ召喚する。
このカードを発動したターン、「アーティファクト」と名のついたモンスター以外の
自分フィールド上のモンスターは攻撃できない。
また、このカードが相手によって破壊された場合、
手札の光属性・レベル5モンスター1体を相手に見せて発動できる。
デッキからカードを1枚ドローする。

 PRIMAL ORIGINで登場した速攻魔法
 2体のアーティファクトを素材にエクシーズ召喚する効果と、破壊された時に1枚ドローする効果を持つ。

 アーティファクト専用の《ワンダー・エクシーズ》というべきカード
 2体のアーティファクト攻撃《アーティファクト−デュランダル》を出して追撃、あるいは相手ターン《セイクリッド・プレアデス》を出して妨害など、できる事は多い。

 ただ、アーティファクトが並ぶことが前提のカードのため腐りやすく、基本的には1枚消費するよりもメインフェイズでのエクシーズ召喚で十分なことが多い。
 腐った場合もブラフとして伏せ、破壊されればドローできるものの、そもそも【アーティファクト】に対して相手が安易に魔法・罠カード破壊してくることはほとんどない。
 独自の動きができるのは確かだが、事故要因になってまで他の除去カードなどよりも優先して採用したいかは微妙なところである。

  • ブースターパックガイドによると、単体でも機能するアーティファクトだが、複数体の力を束ね1つになる特技を持っているのだという。
    分離・変形・合体機能を実践しているのがこのイラストとなっている。

関連カード

イラスト関連

収録パック等

FAQ

Q:チェーン1のこのカードの効果によるエクシーズ召喚《昇天の角笛》無効にする事ができますか?
A:はい、このカード効果処理終了直後のエクシーズ召喚を行うタイミングで発動して無効にできます。(14/02/20)

Q:自分フィールド上に「アーティファクト」と名のついたモンスター2体が存在します。
  《アーティファクトの解放》を発動した時、相手チェーンして《妖怪のいたずら》発動しました。
  この場合、《アーティファクトの解放》によるエクシーズ召喚はできますか?
A:《アーティファクトの解放》にチェーンをして《妖怪のいたずら》発動された場合、《妖怪のいたずら》効果適用された状態のレベルエクシーズ召喚できるモンスターが存在するのであれば、そのモンスターエクシーズ召喚します。
  また、《妖怪のいたずら》効果適用された状態のレベルに対応したエクシーズモンスターが存在しない場合、エクシーズ召喚する事はできず選んだモンスターフィールド上に残ります。(14/03/19)

Q:《アーティファクトの解放》の対象《アーティファクト−デュランダル》2体を選択し、《FNo.0 未来皇ホープ》エクシーズ召喚する事はできますか?
A:できます。(15/07/02)


Tag: 《アーティファクトの解放》 魔法 速攻魔法 アーティファクト

広告