《アーマード・サイバーン/Armored Cybern》

ユニオンモンスター
星4/風属性/機械族/攻   0/守2000
1ターンに1度、自分のメインフェイズ時に
装備カード扱いとして自分の「サイバー・ドラゴン」
及び「サイバー・ドラゴン」が記されている融合モンスターに装備、
または装備を解除して表側攻撃表示で特殊召喚できる。
1ターンに1度、この効果でこのカードを
装備したモンスターの攻撃力を1000ポイントダウンし、
フィールド上に表側表示で存在するモンスター1体を選択して破壊できる。
(1体のモンスターが装備できるユニオンは1枚まで。
装備モンスターが破壊される場合、代わりにこのカードを破壊する。)

 PHANTOM DARKNESSで登場した風属性機械族下級ユニオンモンスター
 《サイバー・ドラゴン》とそれを融合素材する融合モンスターにのみ装備でき、装備モンスター攻撃力を下げることで、フィールドモンスター1体を破壊する効果を持つ。

 《サイバー・ドラゴン》特殊召喚効果を持つため、このカード通常召喚して装備させるのは容易。
 しかし、単体除去を狙うなら除去魔法カード等でもよく、装備カードにし、弱体化させる手間に見合うとは言い難い。
 装備カード状態が解除されても攻撃力は下がったままであり、除去要員としての利用は難しい。

 このカードの特長は《機械複製術》との連携が可能な点にある。
 《プロト・サイバー・ドラゴン》《サイバー・ドラゴン・ツヴァイ》に装備して効果を使うと、攻撃力《機械複製術》の対象範囲となるため《サイバー・ドラゴン》2体のリクルートが可能。
 その用途であれば最初から《機械複製術》に対応する《サイバー・ドラゴン・コア》を使えばよいのだが、このカード自身も《機械複製術》の範囲内であるため戦術を共有することができる。
 こちらは素材3体のランク4のエクシーズ召喚《ギアギガント X》《電光千鳥》などに繋げられる。
 このカードを3体並べた後、2体で《ギアギガント X》エクシーズ召喚し、《A・ジェネクス・バードマン》サーチ、残る1体と入れ替える事で、攻撃力2300と1900を並べる事ができる。

 また《デブリ・ドラゴン》からも《電光千鳥》が狙える数少ないカードでもある。
 《デブリ・ドラゴン》は上記の《A・ジェネクス・バードマン》や、《機械複製術》を共有できる《カードガンナー》との相性も良いため、無理なく連携を図れる。
 単体でもとなるだけの守備力があり、《前線基地》での特殊召喚から《地獄の暴走召喚》に繋ぐ事もできる。

  • 「サイバーン」とは「サイバー」と「ワイバーン」をかけた造語である。
    またアニメでの効果名、「ジャッジメント・キャノン」の「ジャッジメント」は「裁判」という意味。
    非常に洒落の利いたカードと言える。

関連カード

―このカードを装備できるモンスター

収録パック等

FAQ

Q:装備モンスター攻撃力を下げるのはコストですか、効果ですか?
A:効果になります。(07/12/07)

Q:このカード装備が外れた時に、このカードの効果で下げた装備モンスター攻撃力はどうなりますか?
A:《アーマード・サイバーン》が破壊される等によって装備が外れるような場合でも、『この効果でこのカード装備したモンスター攻撃力を1000ポイントダウンし』の処理によってダウンした攻撃力適用されたままとなります。(14/02/20)

Q:《次元の裂け目》適用中、装備カード状態の《アーマード・サイバーン》が破壊された場合、墓地に送られますか?それとも、除外されますか?
A:墓地に送られます。(09/03/10)

Q:《サイバー・ドラゴン》に《アーマード・サイバーン》が装備されています。
  《サイバー・ドラゴン》コントロール相手に移った場合、《アーマード・サイバーン》は破壊されますか?
A:破壊されません。(09/03/11)

Q:《あまのじゃくの呪い》効果適用されている状態で装備モンスター攻撃力が1000未満の場合にこのカードの効果発動できますか?
A:いいえ、発動できません。(14/10/23)

Q:《あまのじゃくの呪い》効果でこのカード攻撃力がダウンする代わりアップした場合、カード破壊する処理は行われますか?
A:いいえ、このカードの効果攻撃力がダウンする処理ができなかった場合、破壊する処理は行われません。(14/10/23)


Tag: 《アーマード・サイバーン》 モンスター ユニオンモンスター 効果モンスター 星4 風属性 機械族 攻0 守2000

広告