《アステル・ドローン/Star Drawing》

効果モンスター
星4/地属性/魔法使い族/攻1600/守1000
このカードをエクシーズ召喚に使用する場合、
このカードはレベル5モンスターとして扱う事ができる。
また、このカードを素材としたエクシーズモンスターは以下の効果を得る。
●このエクシーズ召喚に成功した時、
デッキからカードを1枚ドローする。

 COSMO BLAZERで登場した地属性魔法使い族下級モンスター
 エクシーズ素材にする場合に自身をレベル5として扱えるルール効果、このカード素材にしたエクシーズモンスターに1枚ドローする効果を付与するルール効果を持つ。

 1つ目の効果は、エクシーズ素材とする場合に自身をレベル5として扱うことができる効果
 《簡易融合》《サイバー・ドラゴン》等のレベル半上級モンスターと併用すれば、ランク5のエクシーズ召喚に繋げられる。
 他にも種族サポートを共有できる《ガガガマジシャン》とはランク4と5を使い分けられるため相性が良い。

 2つ目の効果はこのカードエクシーズ素材にした時に1枚ドローする効果
 普通は1枚以上のディスアドバンテージを負うエクシーズ召喚の損失を補うことができる。
 この効果は1つ目の効果とは連動しておらず、ランク4のエクシーズ召喚でもドローすることができる。

 しかし、展開が前提となるため単体ではバニラ同然である。
 アタッカーとしても頼りない攻撃力でありながら、中途半端に高い数値がリクルートのしにくさに拍車をかけている。
 一応、攻撃力が1600であることから、《ブラック・ガーデン》ローズ・トークン2体を破壊すれば蘇生できるという利点はある。
 だが、少しでも事故を減らすため、常に同レベルモンスターを展開できるデッキでの運用が望ましい。

 弱点として、エクシーズ素材とした時にエクシーズモンスター発動する効果として扱われる都合上、《エフェクト・ヴェーラー》等で無効にされるとドローを潰されてしまう点が挙げられる。
 当然エクシーズモンスター効果まで無効になるため、扱いはやや難しい。

 【サモンプリースト】では《召喚僧サモンプリースト》からリクルートしてランク4のエクシーズ召喚を行えばディスアドバンテージを即座に取り戻せる。
 ただし、リクルートのみを狙うならより早いタイミングでドローできる《聖鳥クレイン》がいるので、ステータス効果の違いをしっかり考慮したい。
 【希望皇ホープ】ではエクシーズ召喚先としてランク4の《No.39 希望皇ホープ》ランク5の《ZW−獣王獅子武装》を使い分けられる。
 《エクシーズ・チェンジ・タクティクス》から連続ドロー《ZW−獣王獅子武装》サーチ効果等、このカードドロー効果と合わせて手札に常に余裕を持たせられるのは大きな利点である。
 また、エクシーズ素材にする場合に自身をレベル5として扱う都合上、レベルを変動するカード効果を受けてもそれを無視できる。
 このように上手く使えばデッキ回転力を上げられるが、その上で自身が事故要因にもなり得るため、採用枚数には気をつけたい。

  • 「アステル(aster)」はギリシャ語で星を意味する。
    「ドローン(drawing)」は線を引くことであり、ドローとも掛けられている。
    カードを引く」と「線を引く」はどちらも英語では同じ「draw(ドロー)」である。

関連カード

カード名関連

収録パック等

FAQ

Q:効果分類は何ですか?
A:特定の分類を持たない効果ルール効果)です。(13/06/14)

Q:このカードレベルが変動している場合でもレベルモンスターとして扱う事ができますか?
A:はい、できます。(12/11/17)

Q:《スキルドレイン》が存在する時にこのカードエクシーズ素材とする場合レベルモンスターとして扱う事ができますか?
A:いいえ、できません。(12/11/18)

Q:このカード2枚でエクシーズ召喚を行った場合、効果は重複しますか?
A:はい、その場合ドローする効果は2回分発動します。(12/11/18)

Q:このカードエクシーズ素材として持っているエクシーズモンスターに対して、RUMを使用したり「エクシーズモンスターの上にカードを重ねてエクシーズ召喚する」方法によって改めて別のエクシーズモンスター特殊召喚した場合、ドロー効果発動しますか?
A:いいえ、このカードエクシーズ素材として直接使用した時のみドロー出来ます。(14/04/10)


Tag: 《アステル・ドローン》 効果モンスター モンスター 星4 地属性 魔法使い族 攻1600 守1000

広告