《アストログラフ・マジシャン/Astrograph Sorcerer》

ペンデュラム・効果モンスター(制限カード)
星7/闇属性/魔法使い族/攻2500/守2000
【Pスケール:青1/赤1】
「アストログラフ・マジシャン」のP効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分メインフェイズに発動できる。
このカードを破壊し、手札・デッキから「星読みの魔術師」1体を選び、
自分のPゾーンに置くか特殊召喚する。
【モンスター効果】
(1):自分フィールドのカードが戦闘・効果で破壊された場合に発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。
その後、このターンに破壊されたモンスター1体を選び、
その同名モンスター1体をデッキから手札に加える事ができる。
(2):フィールドのこのカードを除外し、自分の手札・フィールド・墓地から、
「ペンデュラム・ドラゴン」「エクシーズ・ドラゴン」「シンクロ・ドラゴン」
「フュージョン・ドラゴン」モンスターを1体ずつ除外して発動できる。
「覇王龍ズァーク」1体を融合召喚扱いとしてエクストラデッキから特殊召喚する。

 ストラクチャーデッキ−ペンデュラム・エボリューション−で登場した闇属性魔法使い族最上級ペンデュラムモンスター
 自身を破壊《星読みの魔術師》ペンデュラムゾーン置く特殊召喚するペンデュラム効果自分フィールドのカード破壊された場合に特殊召喚し、そのターン破壊されたモンスター同名カードサーチする誘発効果、自身と特定のモンスター除外することで《覇王龍ズァーク》特殊召喚する起動効果を持つ。

 ペンデュラム効果は自身を破壊し、《星読みの魔術師》リクルートする効果
 《星読みの魔術師》ペンデュラムスケールが変動するデメリットがあり、ペンデュラムスケール1として運用するならこのカードのままでも良い。
 しかし、効果を使うとこのカードエクストラデッキに加わるため、《星読みの魔術師》ペンデュラムゾーン置き、もう一方にペンデュラムスケール8があればペンデュラム召喚で即座に特殊召喚できる。
 《星読みの魔術師》特殊召喚する場合についても制限が一切かからず、シンクロ素材エクシーズ素材リンク素材として運用しやすい。
 召喚権を使わずにペンデュラムモンスター特殊召喚できるため、《ヘビーメタルフォーゼ・エレクトラム》を容易にリンク召喚できる。

 (1)は自分フィールドのカード破壊された場合に特殊召喚し、そのターン破壊されたモンスター同名カードサーチする効果
 破壊されたモンスター同名カードサーチすることで手札を減らさずに最上級モンスターを展開できる。
 自身のステータスも高く、相手ターン除去を受けた際にはとして、自分ターンならば攻撃要員や各種素材に使える。
 タイミングを逃すこともなく、《ブラック・ホール》のような全体破壊《奈落の落とし穴》のような除外を介する破壊でもトリガーになる。
 墓地へ送られる必要もないのでペンデュラムモンスタートークン破壊にも対応する他、発動条件カード破壊なので魔法・罠カード破壊でも発動はできる。
 《虹彩の魔術師》などの自壊するモンスターや、《天空の虹彩》などの自分カード破壊するカードコンボを組んでも良いだろう。
 《超天新龍オッドアイズ・レボリューション・ドラゴン》なら蘇生効果を使い、もう一枚でさらに蘇生を狙う、サーチ効果を使うなど柔軟な動きが狙える。
 また、そのターン破壊されていれば、相手モンスターを選び同名カード自分デッキからサーチすることもできる。

 汎用性が高い効果なので、この効果目当てだけでも多くのデッキに採用でき得る。
 手札誘発の中でもアドバンテージを失いにくく、同名カード発動制限もないので手札に複数枚来ても問題なくにできる。
 1枚目のこのカードペンデュラムゾーンに置き、自身の効果破壊し2枚目のこのカード特殊召喚しつつ3枚目のこのカードサーチ、ということも可能。
 ただエクストラデッキに入れるモンスターのみが破壊されたターンではサーチ効果が使えないため、エクストラデッキカード制圧するデッキとは若干相性が悪い。
 また、制限カードサーチするには相手カードを選ぶ必要がある。

 (2)は自身と特定のモンスター除外することで《覇王龍ズァーク》特殊召喚する効果
 墓地からも指定できるとはいえ特定のカード4枚+フィールドのこのカードコスト重いので専用構築が必要になる。
 【魔術師】ならば、《星刻の魔術師》《ペンデュラム・コール》などの多彩な手段で、指定されたカテゴリとして扱う魔術師墓地へ送る、あるいはサーチする事が容易なのでコストを揃え易い。
 【魔術師】以外では《轟雷帝ザボルグ》効果を使い自壊させれば、コストとなるモンスター墓地へ送りつつ、その時の破壊トリガーにこのカード特殊召喚する事で条件は整う。

  • 「アストログラフ(Astrograph)」とは日本語では天体写真儀の事を指す。
    天体写真儀とは広域の天体写真を歪みなく撮影する工夫のなされた天体望遠鏡のことを言う。
  • アニメではペンデュラムモンスターではなく、テキストは以下の通り。
    効果モンスター
    星7/闇属性/魔法使い族/攻2500/守2000
    (1):このカードが手札に存在し、自分フィールドのカードが破壊された場合、
    その破壊されたカードを対象として発動できる。
    このカードを手札から特殊召喚する。
    (2):このカードがこのカードの(1)の効果で特殊召喚に成功した場合に発動できる。
    このカードの(1)の効果で対象としたカードを、
    そのカードが破壊された時に存在していた元々のゾーンに表側表示で置く。
    (3):このカードをリリースして発動できる。
    自分のデッキ・エクストラデッキ・フィールド・墓地から、
    「スターヴ・ヴェノム・フュージョン・ドラゴン」「クリアウィング・シンクロ・ドラゴン」
    「ダーク・リベリオン・エクシーズ・ドラゴン」「オッドアイズ・ペンデュラム・ドラゴン」を1体ずつ除外し、
    エクストラデッキから「覇王龍ズァーク」1体を特殊召喚する。
    OCG版に比べ、(2)の効果の範囲が広く、下準備なしで《覇王龍ズァーク》特殊召喚できるようになっている。
    このままだと流石に強すぎるのでOCGでは弱体化されたが、代わりに自身がペンデュラムモンスターとなり《星読みの魔術師》関連の効果が追加される等、【魔術師】とのシナジーは強くなっている。
  • 特殊召喚時の口上は「時を読み星を読み、時空を操りし全知全能の魔術師よ。今ここに降臨しこの我に力を与えよ!出でよ《アストログラフ・マジシャン》!」
    《覇王龍ズァーク》を生み出す際の口上は「時空を司る《アストログラフ・マジシャン》よ!その深淵なる力で我らの望みを重ね合わせよ!」。

関連カード

―《アストログラフ・マジシャン》の姿が見られるカード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

(1)の効果について

Q:(1)の効果《異次元からの埋葬》チェーンされ、このターン破壊されたモンスター墓地戻されました。
  このモンスターを『このターン破壊されたモンスター』として選べますか?
A:選べません。(17/01/21)

Q:このターン破壊されエクストラデッキに加わったペンデュラムモンスターを、《妖精伝姫−カグヤ》効果墓地へ送りました。
  このモンスターを『このターン破壊されたモンスター』として選べますか?
A:選べません。(17/01/21)

Q:このターン破壊され、墓地に存在するペンデュラムモンスター除外されているペンデュラムモンスター《ペンデュラムーチョ》効果エクストラデッキ表側表示で加えました。
  このモンスターを『このターン破壊されたモンスター』として選べますか?
A:選べません。(17/01/21)

Q:《揺れる眼差し》ペンデュラムゾーンカードを2枚破壊し、《アストログラフ・マジシャン》をデッキから手札に加えました。
  この場合、《アストログラフ・マジシャン》の(1)の効果で《アストログラフ・マジシャン》自身を特殊召喚することはできますか?
A:ご質問の場合、手札に加えた《アストログラフ・マジシャン》の効果発動し、特殊召喚する事ができます。(17/11/17)

(2)の効果について

Q:(2)の効果除外するカードペンデュラムゾーンからも除外できますか?
A:この効果除外するカードモンスターでなければならず、魔法カード扱いであるペンデュラムゾーンカード除外することができません。(17/01/14)


Tag: 《アストログラフ・マジシャン》 モンスター ペンデュラムモンスター 効果モンスター 星7 闇属性 魔法使い族 攻2500 守2000 スケール1

広告