《アタック・ゲイナー/Attack Gainer》

チューナー(効果モンスター)
星1/地属性/戦士族/攻   0/守   0
このカードがシンクロ召喚の素材として墓地へ送られた場合、
相手フィールド上に表側表示で存在するモンスター1体の
攻撃力はエンドフェイズ時まで1000ポイントダウンする。

 ※エンドフェイズに適用終了となるカードに対するエラッタに伴い、テキスト内の「エンドフェイズ時」は「ターン終了時」と読み替えて使用する。

 STARSTRIKE BLASTで登場した地属性戦士族下級モンスターチューナー
 シンクロ素材となる事で、相手モンスターを一時的に弱体化させる誘発効果を持つ。

 1000ポイントの弱体化は他の戦闘補助カードと比べても遜色ない数値であり、大抵のモンスター戦闘破壊できる。
 地属性なので《ナチュル・ビースト》等に繋ぐ事ができ、攻撃力が低いそれらでも相手モンスター戦闘破壊で処理が可能になり、相手の妨害は自身の効果で防ぐ事ができる。
 しかし、エンドフェイズまでしか持たないため、そのターン戦闘破壊できなければ意味がなく、次のターン戦闘破壊される可能性もある。
 相手フィールド表側表示モンスターがいないと機能しないので、どうにも使いどころが難しい。

 よって、基本的に効果はオマケと見て、戦士族レベルチューナーという点を利用することになる。
 特に《トゥルース・リインフォース》に対応するレベルチューナーであると言う点は重要。
 他の戦士族レベルチューナーは今のところ六武衆専用の《紫炎の寄子》《影六武衆−フウマ》それ以外だと《屈強の釣り師》のみなので、この点は非常に活かしやすい。
 当然自身の効果はあって困る物ではないので、状況次第で活用出来るなら積極的に活用したい。
 《不死武士》と組み合わせての《魔界闘士 バルムンク》なら劣勢でも簡単にシンクロ召喚でき、攻撃力3100までという十分な値を処理できる。

  • 因みにアニメでは下がる攻撃力の数値は300ポイントだったので、OCG化に伴い強化された。

関連カード

収録パック等

FAQ

Q:効果分類は何ですか?対象を取りますか?
A:誘発効果であり、対象を取ります。(12/02/25)

Q:《スキルドレイン》が存在してる時や、このカードに《禁じられた聖杯》を使用された時、シンクロ素材にしたこのカードの効果適用されますか?
A:墓地へ送られた後に発動する効果であり、どちらの場合も発動でき適用されます。(11/07/04)


Tag: 《アタック・ゲイナー》 チューナーモンスター 効果モンスター モンスター 星1 地属性 戦士族 攻0 守0

広告