《アリの増殖(ぞうしょく)/Multiplication of Ants》

通常魔法
自分フィールド上の昆虫族モンスター1体を生け贄に捧げて発動する。
自分フィールド上に「兵隊アリトークン」(昆虫族・地・星4・攻500/守1200)
を2体特殊召喚する。(生け贄召喚のための生け贄にはできない)

 ※テキスト中の「生け贄」・「生け贄召喚」はそれぞれ「リリース」・「アドバンス召喚」を指す。

 暗黒の侵略者で登場した通常魔法
 昆虫族コスト兵隊アリトークン2体を特殊召喚する効果を持つ。

 2:2交換なので損失はないが、兵隊アリトークンアドバンス召喚エクシーズ召喚に活用できない。
 そのため基本はアドバンス召喚以外のリリースコストシンクロ素材リンク素材として利用したい。
 また、1度に合計レベルが8のトークンを用意できるため、レベル儀式モンスター儀式召喚に利用してもいい。

 リリースには《共振虫》《応戦するG》コストにすることで昆虫族サーチしつつトークンを生成できる。
 他にも《インフェルニティ・ビートル》《ブロック・スパイダー》で余分にコストを調達しつつ発動に繋げるのも良い。
 前者であればトークンとで《地底のアラクネー》シンクロ素材縛りもクリアできる。
 また、《ダーク・バグ》チューナー蘇生し、《ダーク・バグ》コストトークンを生成、シンクロ召喚する手もある。
 この場合であればレベル7だけでなく、レベル11の《星態龍》シンクロ召喚できるようになる。
 緩い自己特殊召喚能力を持つ《プリミティブ・バタフライ》との併用も範疇だろう。

 素直に召喚権を消費してトークンを生成した場合、シンクロ素材とするためにはチューナー特殊召喚で用意する必要がある。
 それができなければ貧弱なトークンとして残るだけであり、展開手段の応用性としては《ジャイアントワーム》に見劣りする点は否めない。
 《ナチュラル・チューン》植物族混合デッキ《ナチュルの神星樹》を活用するなど、このカード独自の動きを見出したい。
 リンク召喚の登場によってこの欠点は改善傾向にあり、兵隊アリトークンのみでもリンク2のリンクモンスターリンク召喚でき、手札でダブってもトークンリリースして3体以上を並べられる点も活かしやすい。

  • 原作・アニメにおいて―
    「バトルシティ編」における「城之内vsインセクター羽蛾」戦において羽蛾が使用。
    《兵隊アリ》の専用サポートカードで、《インセクト女王》攻撃力を最大限にまで上げるために使用した。
    原作のテキストは以下の通り。
    攻撃表示の兵隊アリを増殖させ、10匹の軍隊アリにする。
    軍隊アリは攻撃には参加できない。
    ターン終了後すべてのアリは墓地に行く。

関連カード

収録パック等

FAQ

Q:裏側表示昆虫族リリースする事はできますか?
A:はい、できます。(10/01/29)


Tag: 《アリの増殖》 魔法 通常魔法

広告