《アルカナフォースIV(フォー)THE EMPEROR(ジ・エンペラー)/Arcana Force IV - The Emperor》

効果モンスター
星4/光属性/天使族/攻1400/守1400
このカードが召喚・反転召喚・特殊召喚に成功した時、
コイントスを1回行い以下の効果を得る。
●表:自分フィールド上に表側表示で存在する
「アルカナフォース」と名のついたモンスターの攻撃力は500ポイントアップする。
●裏:自分フィールド上に表側表示で存在する
「アルカナフォース」と名のついたモンスターの攻撃力は500ポイントダウンする。

 LIGHT OF DESTRUCTIONで登場した光属性天使族下級モンスター
 アルカナフォースの名を持ち、コイントスによって得る2つの効果を持つ。

 表の効果を得れば下級アタッカーの及第点とも言える攻撃力1900を得る事ができる。
 下級天使族でここまでの攻撃力を持つものはいないが、裏の効果を得ると、自分アルカナフォース弱体化させてしまうので不安定。

 しかし、元々の攻撃力が1500以下ということから相性の良いカードは多い。
 《コーリング・ノヴァ》《シャインエンジェル》からのリクルートが可能なので、表の効果さえ出せれば奇襲性を備えたアタッカーとして使える。
 サイバー・ダークなどと同様の理由で、《奈落の落とし穴》にかからないのは利点。

 また、攻撃力アップが誘発効果であることから《地獄の暴走召喚》の利用が可能。
 《光の結界》適用下ならば、攻撃力2900のモンスター3体と他のアルカナフォースへの攻撃力1500アップ効果が確実に得られる。
 《アルカナフォースVII−THE CHARIOT》との相性も良好で、表の効果《サイバー・ドラゴン》を超える攻撃力を付加できる。
 更にこのカード効果相手フィールドには及ばないので、仮に《アルカナフォースVII−THE CHARIOT》コイントスで裏の効果を出しコントロールを移してしまっても、攻撃力が上昇したこのカード戦闘破壊してしまえる。

 全体強化なので、使うならばアルカナフォースを大量に展開するデッキ構築を心がけたい。
 《光の結界》が採用される【アルカナフォース】では、《シャインスパーク》よりも利用しやすいだろう。

  • 「THE EMPEROR(皇帝)」はタロットにおける大アルカナの4番目のカード
    正位置は「支配」「安定」「成就・達成」「責任感の強さ」を表し、逆位置は「未熟」「横暴」「傲慢不遜」「無責任」を表す。
  • DUEL TERMINALでは斎王が使用。
    斎王の運命力により正位置を出すことが多く、全体強化によりなかなか厄介なモンスターとなる。
    攻撃時のエフェクトはアニメと少々異なり、ハサミから電撃を放つ。

関連カード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等


Tag: 《アルカナフォースIV−THE EMPEROR》 モンスター 星4 光属性 天使族 効果モンスター 攻1400 守1400 アルカナフォース

広告