《アルケミー・サイクル/Alchemy Cycle》

通常罠
発動ターンのエンドフェイズ時まで、自分フィールド上に表側表示で存在する
モンスター全ての元々の攻撃力を0にする。
この効果によって元々の攻撃力が0になっているモンスターが戦闘によって破壊され
墓地へ送られる度に、自分のデッキからカードを1枚ドローする。

 ※エンドフェイズに適用終了となるカードに対するエラッタに伴い、テキスト内の「エンドフェイズ時」は「ターン終了時」と読み替えて使用する。

 PHANTOM DARKNESSで登場した通常罠
 一時的に自分モンスター元々の攻撃力を0にして、代わりに《引きガエル》等とほぼ同様のドローを行う誘発効果を持たせる。

 0にするのは攻撃力のみなので、守備表示モンスターがまとめて戦闘破壊されるような状況で発動すると良い。
 または戦闘ダメージ《スピリットバリア》《レインボー・ライフ》で防ぐのも手だろう。
 《強制転移》《死のマジック・ボックス》送りつければ、大ダメージを与えた上でドロー効果を使用できる。
 自分の受ける戦闘ダメージが増加するので、《ダメージ・コンデンサー》《ダメージ・ゲート》《ダメージ=レプトル》とは好相性。
 更に《アマゾネスの剣士》《マジック・スライム》《ダイガスタ・スフィアード》《ディメンション・ウォール》とのコンボで逆に相手に多大な戦闘ダメージを与えることも可能である。

 《天空の聖域》《強制転移》との相性から、《コーリング・ノヴァ》らを採用した【天空の聖域】でも活躍できる。
 しかし、《天空の聖域》相手にも効果が及ぶため、このカード攻撃力0になった天使族相手送りつけ攻撃しても大ダメージには繋がらない点に注意。

 特に発動条件もなくフリーチェーン攻撃力を0にできるので、《機械複製術》《星に願いを》適用条件を満たしたり、《奈落の落とし穴》を回避したりできる。
 尚、元々の攻撃力を0にとあるが、これはフィールドに存在する間だけの話である。
 「フィールドに存在するモンスター元々の攻撃力を参照する」《ミスフォーチュン》はこのカードダメージを回避できるが、「破壊して墓地へ送ってから参照する」《No.61 ヴォルカザウルス》は回避できない。
 墓地へ送られた時点で、受けた能力値変化は終了しているからである。

  • 「アルケミー(Alchemy)」とは、西洋中世の錬金術のことを指す。
    「錬金術」とは卑金属から貴金属を精錬する技術のことで、賢者の石の探求を目的とした。
    化学的な面と魔術的な面の両方を兼ね備えており、その過程において現代の化学に繋がる様々な発見がなされた。

関連カード

イラスト関連

収録パック等

FAQ

Q:対象を取る効果ですか?
A:いいえ、対象を取らず、自分フィールドモンスターすべてに適用される効果です。(15/07/22)

Q:ダメージステップ発動できますか?
A:はい、発動可能です。(15/07/22)

Q:このカードの発動後に召喚反転召喚特殊召喚されたモンスターに対して、《アルケミー・サイクル》の効果適用されますか?
A:いいえ、適用されません。モンスター攻撃力は0になりませんし、ドローを行う事も出来ません。(15/07/22)

Q:ドローはどのタイミングで行いますか?
A:ドロー墓地発動する強制の誘発効果であり、チェーンブロックを作ります。
  《シャインエンジェル》墓地誘発任意効果)が戦闘破壊された時は、チェーン1《アルケミー・サイクル》、チェーン《シャインエンジェル》チェーンを組んで処理します。(15/07/22)

Q:攻撃力1000のモンスター元々の攻撃力が0のモンスターがいるときに発動しました。
  「最初から元々の攻撃力が0のモンスター」が戦闘破壊されたとき、ドローできますか?
A:いいえ、このカードの効果元々の攻撃力が0になっていないモンスターは、ドローできません。(15/07/24)

Q:自分フィールド元々の攻撃力が0のモンスターしかいないときに発動できますか?
A:いいえ、発動できません。(15/07/24)

Q:自分フィールドに存在するモンスター《墓地墓地の恨み》《輝光子パラディオス》効果攻撃力が0になっている《青眼の白龍》のみの場合にこのカード発動できますか?
A:はい、その場合でも《青眼の白龍》元々の攻撃力が3000ですので発動でき、結果的には攻撃力は変わりませんが、このカード効果によって元々の攻撃力が0になり、そのモンスター戦闘破壊されて墓地へ送られればドローする処理は行われます。(15/07/25)


Tag: 《アルケミー・サイクル》 通常罠

広告