《イクイップ・シュート/Equip Shot》

通常罠
バトルフェイズ中のみ発動する事ができる。
自分フィールド上に表側攻撃表示で存在するモンスターに装備された
装備カード1枚と相手フィールド上に存在する表側攻撃表示のモンスター1体を
選択し、選択した装備カードを選択した相手モンスターに装備する。
その後、選択した装備カードを装備していた自分のモンスターと、
選択した相手モンスターで戦闘を行いダメージ計算を行う。

 THE DUELIST GENESISで登場した通常罠
 装備カード相手モンスターに移し、強制的に戦闘を行わせる効果を持つ。

 主な用法としては、

  1. 装備カード対象変更。
  2. 間接的な攻撃対象の強制変更。
  3. すでに攻撃を終えたモンスターを再度戦闘させる。

 等が考えられる。
 1つ目は、相手《流星の弓−シール》辺りを装備させて戦闘させれば大ダメージが見込める。
 2つ目は、《アマゾネスの剣士》に強制的に戦闘させることができる。
 3つ目は、《E・HERO フレイム・ウィングマン》のような戦闘を介する効果と相性がいい。
 これらをうまく組み合わせれば、非常に大きなダメージを見込むことができるだろう。

 また、《閃光の双剣−トライス》を装備しているモンスター対象にすると、2+1で計3回相手モンスター戦闘することが可能である。
 《閃光の双剣−トライス》を装備した状態で2回攻撃した後、このカードの効果でさらに戦闘を行う。

 《巨大化》《進化する人類》との相性は良い。
 自分ライフ相手よりも低く、攻撃力強化できる時は自分モンスターに装備して強化し、自分ライフが低くなり、弱体化する時は相手に移せばいい。

 なかなか面白い効果を持つが、装備カードを移した相手モンスター戦闘破壊されると、実質2:1交換となり損失が大きい。
 条件も少々面倒であり、発動できるタイミングも限定されているためある程度このカード発動しやすい構築にし、相手の行動を読む必要がある。
 また、多くのデッキにおいて、このカード対象を移せる装備カードの投入自体が少ないため、事故を避けるなら装備カードを主軸にしたデッキにする必要がある。
 そのため、無理なく投入できるデッキ【フリントロック】等にある程度限定されるだろう。
 その他、《ギルフォード・ザ・レジェンド》《神剣−フェニックスブレード》等を採用した【戦士族】なら布石作りに貢献する。
 攻撃宣言を伴わないため、本来攻撃できないモンスター戦闘させることも可能。
 自分ターンライフが少ない時に《巨大化》メタルデビル・トークンに装備させ、このカードを使えば大ダメージを狙える。

  • アニメでのイラストは帽子や光の色など僅かに異なっていた。

関連カード

収録パック等

FAQ

Q:どのカード対象にとる効果ですか?
A:「相手モンスター」と「装備カード」を対象にします。
  「自分モンスター」は対象に指定するわけではありません。(08/04/19)

Q:装備対象不適切な装備魔法を移せますか?
  移せない場合は発動自体ができませんか?それとも発動後、移せず装備魔法破壊しますか?
A:そもそも発動自体ができません。(08/04/19)

Q:相手コントロールする《流星の弓−シール》が、自分モンスターに装備されています。
  この場合、このカード発動したら《流星の弓−シール》の装備対象自分モンスターから相手モンスターに移すのですか?
  (相手コントロールする装備カードを、別の正しい対象に移せますか?)
A:はい、その通りです。テキストが解りにくいですが、「自分モンスターに装備された装備カード」の対象を変更します。(10/09/14)

Q:すでに攻撃をおこなっているモンスターでも、回数制限を無視して再度戦闘可能になるのですか?
A:再度戦闘を行います。このカードの効果戦闘した後に通常の攻撃を行うことも可能です。(08/04/19)

Q:《イクイップ・シュート》の戦闘をさせる効果は、攻撃宣言が伴うのでしょうか?
A:効果処理によって戦闘を行う事となり、攻撃宣言は行いません。(08/04/22)

Q:《D−HERO デビルガイ》効果発動したターンバトルフェイズに、このカード発動することはできますか?
A:はい、できます。その場合、装備カードを選択した相手モンスターに装備するという効果処理で終了し、戦闘を行いダメージ計算を行うことはできません。(08/04/28)

Q:《イクイップ・シュート》の効果《A・O・J カタストル》戦闘する場合、《A・O・J カタストル》強制効果発動しますか?
A:いいえ、発動しません。(14/02/22)

Q:《イクイップ・シュート》の効果《サイファー・スカウター》戦士族モンスター戦闘する場合、《サイファー・スカウター》強制効果発動しますか?
A:いいえ、発動しません。(14/02/22)

Q:《イクイップ・シュート》の効果戦闘した際、《クリボー》手札から捨てて効果発動できますか?
A:いいえ、発動できません。(09/02/25)

Q:《イクイップ・シュート》の効果戦闘した際、戦闘ダメージを受けた場合、《トラゴエディア》特殊召喚できますか?
A:はい、特殊召喚できます。(09/02/25)

Q:《イクイップ・シュート》の効果《地球巨人 ガイア・プレート》戦闘する場合、相手モンスター攻撃力は半分になりますか?
A:はい、その場合でも半分になります。(14/02/24)

Q:《イクイップ・シュート》の効果自分フィールド《フェニキシアン・クラスター・アマリリス》戦闘を行う場合、ダメージ計算後破壊されますか?
A:いいえ、破壊されません。(16/02/01)

Q:《イクイップ・シュート》の効果《ロックストーン・ウォリアー》が、より攻撃力の高いモンスターと戦闘する場合にどう処理しますか?
A:《ロックストーン・ウォリアー》効果プレイヤーへの戦闘ダメージはありませんが、このカードが行った戦闘ではないためロックストーン・トークン特殊召喚されません。(09/03/04)

Q:装備魔法を装備したモンスター相手モンスター攻撃宣言を行ったところ、《聖なるバリア −ミラーフォース−》発動されました。
  これにチェーンして《イクイップ・シュート》を発動して相手モンスター戦闘を行いました。どのような処理になりますか?
A:このカードの効果によってダメージ計算を行い、その後で《聖なるバリア −ミラーフォース−》効果を処理します。(14/06/27)

Q:《鉄の騎士 ギア・フリード》《デーモンの斧》対象発動した場合、どのように処理しますか?
A:《デーモンの斧》の数値変化を加味したうえで戦闘を行い、そのダメージ計算の後に《鉄の騎士 ギア・フリード》効果発動します。(11/06/27)

Q:《魂を削る死霊》《デーモンの斧》対象発動した場合、どのように処理しますか?
A:《デーモンの斧》の数値変化を加味したうえで戦闘を行い、そのダメージ計算の後に《魂を削る死霊》効果適用されます。(11/06/27)

Q:《堕落》相手モンスター対象発動した場合、どのように処理しますか?
A:調整中(14/06/27)

Q:《暗黒魔族ギルファー・デーモン》を装備している自分モンスター相手モンスター対象発動した場合、《暗黒魔族ギルファー・デーモン》効果発動できますか?
A:チェーン1の処理でならば、その後に《暗黒魔族ギルファー・デーモン》効果発動できます。(12/11/19)

Q:《イクイップ・シュート》で装備カード扱いの《ダーク・ネクロフィア》相手モンスター対象発動した場合、どのように処理しますか?
A:装備カード扱いの《ダーク・ネクロフィア》対象発動する事はできません。(14/03/06)

Q:《イクイップ・シュート》で装備カード扱いの《ブレイン・ジャッカー》相手モンスター対象発動した場合、どのように処理しますか?
A:装備カードを移すことができないので、このカード発動すること自体ができません。(14/02/07)

Q:《イクイップ・シュート》で《強奪》相手モンスター対象発動した場合、どのように処理しますか?
A:装備カードを移すことができないので、このカード発動すること自体ができません。(14/02/07)

Q:スタートステップエンドステップ発動できますか?
A:エンドステップ発動する事はできません。
  スタートステップ発動できるかは調整中。(14/05/25)

Q:相手フィールド《EMハンマーマンモ》が存在し、相手フィールド《EMハンマーマンモ》以外のEMカード以外が存在しない状態で、自分フィールド《ギャラクシー・ドラグーン》に装備されている《デーモンの斧》相手フィールド《EMハンマーマンモ》対象にこのカードを発動できますか?
A:はい、《イクイップ・シュート》の効果は、《イクイップ・シュート》の効果によって戦闘を行う扱いとなり、相手フィールド上に存在するモンスター《EMハンマーマンモ》のみの場合でも発動する事ができます。
  また、《イクイップ・シュート》の効果によって《デーモンの斧》《EMハンマーマンモ》を装備させて《ギャラクシー・ドラグーン》戦闘を行います。(16/02/24)


Tag: 《イクイップ・シュート》 通常罠

広告