《インフェルノイド・ティエラ/Infernoid Tierra》

融合・効果モンスター
星11/炎属性/悪魔族/攻3400/守3600
「インフェルノイド・ネヘモス」+「インフェルノイド・リリス」+「インフェルノイド」モンスター1体以上
(1):このカードが融合召喚に成功した時に発動できる。
その融合素材としたモンスターの種類によって以下の効果を適用する。
●3種類以上:お互いはそれぞれ自分のエクストラデッキからカードを3枚選んで墓地へ送る。
●5種類以上:お互いのデッキの上からカードを3枚墓地へ送る。
●8種類以上:お互いはそれぞれ除外されている自分のカードを3枚まで選んで墓地へ戻す。
●10種類以上:お互いの手札のカードを全て墓地へ送る。

 クラッシュ・オブ・リベリオンで登場した炎属性悪魔族融合モンスター
 融合召喚に成功した時に、融合素材の数に応じて適用される4種の誘発効果を持つ。

 最低でも3体の融合素材を要求する重い融合モンスター
 5種類以上の効果を使用する場合は手札融合では消費が激しすぎるため、《煉獄の虚夢》を用いるのが基本的な運用になる。
 《煉獄の虚夢》相手フィールドエクストラデッキから特殊召喚されたモンスターが存在すればデッキから融合素材を6枚まで選択できるので、「3種類以上」「5種類以上」の効果が使用できるようになる。
 フィールド手札から2枚融合素材にすれば「8種類以上」、4枚融合素材にすれば「10種類以上」の効果が使用できるようになる。
 「10種類以上」の効果を使う場合は自分手札墓地へ送るため、手札融合の消費もあまり気にならない。

 融合召喚を狙わず、《インフェルノイド・ネヘモス》《インフェルノイド・リリス》《融合準備》サーチしたり、《E・HERO プリズマー》墓地へ送るためにエクストラデッキに用意しておく手もある。

 効果はいずれも墓地を肥やす効果であり、インフェルノイドが最も重視する墓地リソースを補給できる。
 融合召喚の段階で大量の融合素材墓地へ送り、更にモンスター効果墓地肥やしが行われるため、このカードを出した後はインフェルノイド特殊召喚するコストに困る事はまずなくなる。
 ただし、効果はいずれも相手墓地を肥やす手助けにもなりうるため注意が必要である。
 墓地に落とした上級インフェルノイド自己再生させ、そのターン中に勝負を決めてしまうのが理想的である。

 なお、ほとんどのインフェルノイドは「自分フィールドの全ての効果モンスターレベルランクの合計が8以下の時」しか特殊召喚できない。
 高レベル効果モンスターであるこのカードフィールドに残っていると他のインフェルノイドの展開を阻害するので、効果使用後はさっさと除去してしまったほうが良い。
 「3種類以上」の効果《旧神ヌトス》墓地に送り、その効果破壊するのが基本。
 《旧神ヌトス》3枚を墓地に送れば、このカード除去しつつ相手カード2枚を破壊できる。
 もちろんこのカード直接攻撃で勝利できる状況であれば、相手フィールドカード3枚を破壊して攻撃に繋げてもいい。
 ただ、状況によっては攻撃を凌がれる危険性を見越して、あえてこのカード破壊した後にパーミッション能力を持つ《インフェルノイド・リリス》《インフェルノイド・ネヘモス》を残すのも手である。

  • 「ティエラ(Tierra)」とはスペイン語で「地」「土」などを意味し、ラテン語の「Terra(テラ)」に由来する。
  • クリフォートはコンピュータ用語との繋がりが深いが、「Tierra」という名のコンピュータ上で動く人工生命プログラムが1990年代に開発されている。
    限られた資源の中で生物が繁殖と淘汰を繰り返し進化する様子をコンピュータ上で再現し、製作者の予想だにしなかった「生物」を次々と生み出した。
    人工的に生み出された世界種族が淘汰しあい創造主の想像を超える存在となった」という姿は、《端末世界》を思わせる。
  • またTierraには、「古い生物の強制排除を行う『死神』」の役割を果たすプログラムが内包される。

関連カード

融合素材

―《インフェルノイド・ティエラ》の姿が見られるカード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

(1)の効果について

Q:このカード融合召喚に10種類以上のモンスターを使用した場合、複数の効果発動する事はできますか?
A:《インフェルノイド・ティエラ》の各種効果は、別々のチェーンブロックを作って発動する効果ではなく、『(1)』の効果発動した場合、『(1)』という一つのチェーンブロック効果処理にて、全ての効果処理を上から順番に行います。(15/05/15)

Q:フィールド上で《インフェルノイド・デカトロン》《インフェルノイド・ネヘモス》効果カード名を得ています。
  この時、《インフェルノイド・デカトロン》融合素材とした場合、インフェルノイドの種類のカウントはどう扱われますか?
A:《インフェルノイド・デカトロン》効果は失われず、《インフェルノイド・デカトロン》としてではなく、《インフェルノイド・ネヘモス》として種類を数えます。(16/09/09)

Q:3種類の融合素材を使用してこのカード融合召喚しました。
  お互いエクストラデッキが2枚以下の場合、このカードの効果発動できますか?
A:その場合でも発動でき、お互いに可能な限りエクストラデッキカード墓地へ送ります。(16/05/27)


Tag: 《インフェルノイド・ティエラ》 モンスター 星11 炎属性 悪魔族 融合モンスター 効果モンスター 特殊召喚モンスター エクストラデッキ 攻3400 守3600 インフェルノイド

広告