《ウェポンチェンジ/Weapon Change》

永続魔法
1ターンに1度だけ自分のスタンバイフェイズに
700ライフポイントを払って発動する事ができる。
自分フィールド上の戦士族か機械族モンスター1体の攻撃力と守備力を
次の相手のエンドフェイズ終了時まで入れ替える。
このカードが破壊された時、その効果は無効になる。

 ※エンドフェイズに適用終了となるカードに対するエラッタに伴い、テキスト内の「エンドフェイズ時」は「ターン終了時」と読み替えて使用する。

 天空の聖域で登場した永続魔法
 自分スタンバイフェイズ毎に、戦士族機械族1体の攻撃力守備力相手エンドフェイズまで入れ替える効果を持つ。

 《右手に盾を左手に剣を》に比べ対象が限定的で、効果が適用できるタイミングが自分スタンバイフェイズとかなり遅い。
 モンスターセットされたままであれば入れ替えの機会も訪れないので、うまく他のカードで補助する必要がある。
 こちらは相手ターンも入れ替えを持続でき、《結束 UNITY》《聖域の歌声》で強化した守備力も一緒に変換できるが、《反転世界》でも同じ事ができる。
 あちらはフリーチェーンコンバットトリックとしても役に立ち、ノーコストフィールド全体を巻き込める。
 それら2枚と違い永続魔法なので繰り返し効果を使用できるが、除去されると低攻撃力を晒す危険性もはらんでいる。

 全体的に《右手に盾を左手に剣を》《反転世界》よりも使い勝手の悪さが目立つ。

 相性の良いモンスターの一例としては、《起動兵士デッドリボルバー》のような高守備力自己強化可能なモンスターが挙げられる。
 元々の守備力が高い《ビッグ・シールド・ガードナー》《千年の盾》も有効。
 リクルーター等から特殊召喚すれば、攻撃力守備力入れ替えの機会が訪れにくい欠点の解消にも繋がる。
 《D−HERO ディフェンドガイ》に使えば攻撃力2700になるが、効果の適用とデメリットのタイミングが被ってしまうのが難点。
 《トラックロイド》も悪くないが、魔法&罠カードゾーンの圧迫には気を配りたい。
 直接攻撃可能で高守備力《機動砦のギア・ゴーレム》とも相性は良いが、合計1500ものライフコストが必要になる。

  • 原作・アニメにおいて―
    アニメGXの「十代vs翔」戦において、丸藤翔の手札にあったことが確認されている。
  • コナミのゲーム作品において―
    DUEL TERMINALでは丸藤翔が使用、専用ボイスがある。
    上記の通り手札にあっただけなのだが。

関連カード

イラスト関連

収録パック等

FAQ

Q:このカードを破壊せずにフィールドから離した場合、効果はどうなりますか?
A:無効になります。


Tag: 《ウェポンチェンジ》 魔法 永続魔法

広告