《エーリアン・ソルジャー (マイティ)/フレーム》

リンク・効果モンスター
リンク2/光属性/爬虫類族/攻1900
【リンクマーカー:左下/右下】
爬虫類族モンスター2体
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):手札からモンスター1体を捨てて発動できる。
捨てたモンスターの元々のレベルの数だけ、フィールドの表側表示モンスターにAカウンターを置く。
この効果は相手ターンでも発動できる。
(2):このカードが戦闘・効果で破壊され墓地へ送られた場合に発動できる。
Aカウンターが置かれた相手フィールドのモンスターの数まで、
自分の墓地からリンクモンスター以外の爬虫類族モンスターを選んで特殊召喚する(同名カードは1枚まで)。

 LINK VRAINS PACK 2で登場する光属性爬虫類族リンクモンスター
 手札コストにしたモンスターレベルの数だけモンスターAカウンターを置く効果破壊された場合にAカウンターの置かれた相手モンスターの数まで爬虫類族蘇生する効果を持つ。

 リンク素材には爬虫類族2体が指定されており、効果爬虫類族に関連したものになっているため、【エーリアン】をはじめとする【爬虫類族】で使用することになる。
 【エーリアン】では《エーリアンモナイト》《エーリアン・ドッグ》、それ以外の【爬虫類族】では《カメンレオン》《レプティレス・スポーン》などでリンク素材を揃えたい。

 (1)はフリーチェーンAカウンター置く効果
 手札コストにするモンスターに指定はなく、最大で12個ものAカウンターを置くことが可能。
 エーリアンのみでデッキを組むと最大6個しか置けないが、1度に大量のAカウンターを必要とするカードはほとんどないので気にならないだろう。
 2個以上置かれる場合は自分相手を問わず自由に割り振ることができるため、Aカウンターを必要とする様々なカードと組み合わせることができる。

 相手ターンにも発動できるため《エーリアン・マーズ》などとも相性が良いが、Aカウンターリンク素材にするなどで簡単に取り除かれるので発動タイミングは見極めたい。
 Aカウンター消費で除去ができる《宇宙砦ゴルガー》も同時に出したい所だが、【エーリアン】手札消費が激しい上にそれほど展開力が高いデッキではないのが難点。
 またこのカードを出せる状況にある時、同時に《宇宙砦ゴルガー》または《キングレムリン》を出せる場合もあるため、それらに攻撃力で劣るこのカードを選ぶかどうかも慎重に考えたい。

 (2)は破壊された場合に、Aカウンターの置かれた相手モンスターの数まで爬虫類族蘇生する効果で、最大で5体蘇生できる。
 このカードリンク召喚した時点で少なくともリンク素材となったモンスターが2体墓地にいるはずなので、それを蘇生する事が可能。
 しかし、この効果のために必要以上の相手モンスターフィールドに残しておくのは本末転倒。
 また、上記の通りAカウンターも除去されやすく、さらにAカウンターを置く対象となるモンスターも容易に減らす事ができてしまう。
 一応、(1)が相手ターンに使えるため発動自体は難しくないが、相手破壊を狙ってくる時点で、蘇生したモンスターに対応する準備は整っていると考えた方が良い。
 破壊以外の除去にも対応していないため、相手からの破壊に頼る場合の信頼性は低い。

 よって、積極的に活用するならば、自分ターンに(1)の効果などでAカウンターをばらまいてから、自爆特攻《毒蛇の供物》などで自ら破壊して(2)の効果発動したい。
 さらに、ここで蘇生したモンスター《宇宙砦ゴルガー》シンクロ召喚に繋げて、除去からの一斉攻撃に持ち込めれば理想的。
 ただし、自爆特攻の場合は蘇生バトルフェイズ中になるため、そのターン戦闘リンク召喚シンクロ召喚を活用できない。
 また、《毒蛇の供物》の場合、Aカウンターの乗った相手モンスター破壊すると蘇生できるモンスターが減ってしまう。

 《エーリアン・リベンジャー》とは非常に相性が良い。
 このカードリンク素材として利用しやすく、逆にあちらの特殊召喚に必要なAカウンターを(1)の効果で確保する事もできる。
 さらに、あちらの効果Aカウンターをバラ撒けば、(2)の効果を最大限に活かす事ができる。
 1度Aカウンターをばら撒いてからリンク素材等にして墓地に送り、このカードの(2)の効果蘇生すると、Aカウンターをもう1度バラ撒ける。

 手札コストにするモンスターに指定はなく、(2)の効果蘇生させるモンスター爬虫類族以外の指定はない。
 破壊手段さえ確保できるなら、【エーリアン】以外の【爬虫類族】での採用も検討できる。

関連カード

収録パック等


Tag: 《エーリアン・ソルジャー M/フレーム》 モンスター リンクモンスター 効果モンスター リンク2 光属性 爬虫類族 攻1900 エーリアン

広告