《エクスプレスロイド/Expressroid》

効果モンスター
星4/地属性/機械族/攻 400/守1600
このカードの召喚・反転召喚・特殊召喚に成功した時、
自分の墓地に存在する「エクスプレスロイド」以外の
「ロイド」と名のついたモンスター2体を手札に加える事ができる。

 GLADIATOR'S ASSAULTで登場した地属性機械族下級モンスター
 召喚・反転召喚・特殊召喚に成功した時、同名カード以外のロイド2体をサルベージする効果を持つ。

 フィールドに出るだけでロイドレベル攻撃力を問わず2体も回収でき、サルベージカードとしての性能は極めて高い。
 戦闘向きの効果を持つ《ドリルロイド》《スチームロイド》召喚や、ロイド融合素材とするモンスター融合召喚の補助などに使える。
 《キューキューロイド》《トラックロイド》などと共に《リミット・リバース》に対応しているため、使い回しも容易である。
 さらに《機械複製術》も使用でき、墓地が肥えた状態でうまく発動できれば莫大なアドバンテージを得ることができる。
 スピードロイドも回収可能であり、展開可能なカードと併用すればシンクロ召喚も狙える。

 【ビークロイド】では展開の軸となりうるカードであり、このカードを有効活用するため事前に墓地を肥やしておくことが望ましい。
 《カードガンナー》《E・HERO プリズマー》など、ディスアドバンテージなしに墓地送りができるカードで補助するのもいいだろう。
 自分フィールド《キューキューロイド》が存在していれば、手札に加えたモンスター2体を即特殊召喚して一気に展開できる。

 ただし、攻撃表示召喚すると、何らかのフォローをしない限り相手攻撃によって大きくライフを削られてしまう危険性が高い。
 フィールドに残ったこのカードエクシーズ素材融合素材等にして活用したい。
 《ギアギガント X》エクシーズ召喚すれば、そこからさらなるアドバンテージを獲得することができる。
 自分ターンでの発動を心がけ、《巨大ネズミ》《機甲部隊の最前線》でのリクルート等は攻撃されないと確信できる場合にしたい。

 また、必ず2枚回収しなければならないので、序盤に手札に来ると効果が使えない場合もあることに注意。
 融合素材除外される《ビークロイド・コネクション・ゾーン》《チェーン・マテリアル》コンボとも相性はよくない。

  • 《エクスプレスロイド》の効果で《エクスプレスロイド》は回収できない。
    無限ループを阻止するためだろう。
  • モチーフにされたと思われる新幹線はJR西日本の500系新幹線「のぞみ」だと思われる。

関連カード

融合関連

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:墓地ロイド2体を対象にとる効果ですか?
A:はい、そうです。(12/10/28)

Q:選択したロイド2体のうち1体が効果解決時墓地に存在しない場合、もう片方のロイドサルベージできますか?
A:はい、できます。(12/10/28)

Q:ダメージステップ発動できますか?
A:はい、発動できます。(13/08/10)


Tag: 《エクスプレスロイド》 効果モンスター モンスター 星4 地属性 機械族 攻400 守1600 ロイド

広告