《エッジ・ハンマー/Edge Hammer》

通常罠
自分フィールド上に存在する「E・HERO エッジマン」1体を生け贄に捧げる。
相手フィールド上に存在するモンスター1体を破壊し、
そのモンスターの元々の攻撃力分のダメージを相手ライフに与える。

 ※テキスト中の「生け贄」は「リリース」を指す。

 デュエリストパック−十代編2−で登場した通常罠
 《E・HERO エッジマン》リリースすることで相手モンスター破壊し、その元々の攻撃力分のダメージを与える効果を持つ。

 《破壊輪》と比較すると、相手にのみダメージを与える点、裏側表示モンスター破壊できる点で勝る。
 逆にコストを要求し消耗する点で劣る。

 最上級モンスターである《E・HERO エッジマン》コストにしなければならないので、発動するには3枚以上のカードを使うことになる可能性がある。
 E・HEROである《E・HERO エッジマン》サーチ手段が豊富で、《E・HERO ネクロダークマン》《フェイク・ヒーロー》など場に出す手段も揃っている。
 《死皇帝の陵墓》《ヒーロー見参》等の一般的な最上級モンスターサポートカードを使用することも考えられる。
 しかし手札事故の可能性は避けられず、重さの点でもレベル7のモンスターを失うというのはディスアドバンテージが激しく効率が悪い。
 そのため、使うなら《E・HERO エッジマン》除去チェーンして発動したい。
 コストにする《E・HERO エッジマン》破壊する相手モンスターはともに裏側表示でも構わないため、《浅すぎた墓穴》とのコンボが可能。
 最上級モンスターコストとなる以上、相手の場にモンスターが存在せずに空振りという事態は避けたい。

 また、《E・HERO エッジマン》を手間をかけ召喚せずとも、《E・HERO プリズマー》《ヒーロー・マスク》によってカード名を得ることで、比較的容易に発動条件を満たすことができる。
 特に、ディスアドバンテージが発生しない《E・HERO プリズマー》発動を補助することが、実際の運用では重要になるだろう。
 ただし、どちらにせよ《E・HERO エッジマン》が1枚入った程度のデッキでは安定した発動は望めない。
 よって、通常の【E・HERO】よりもある程度《E・HERO エッジマン》に重点を置いたデッキで投入するのが良い。

  • モチーフはおそらくアメリカンコミックに登場するヒーロー「マイティ・ソー」が持つ魔法のハンマー「ムジョルニア」だろう。

関連カード

モンスター破壊してその攻撃力に応じたダメージを与えるカード《破壊輪》を参照。

収録パック等

FAQ

Q:元々の攻撃力が「?」のモンスターでも破壊する事は出来ますか?
  また、この場合ダメージを与えることができますか?
A:はい、可能です。
  しかし、テキスト記載の元々の攻撃力で判定するのでダメージを与える事はできません。(10/05/29)

Q:元々の攻撃力が3000になっている状態の《ワイトキング》破壊した場合、ダメージはどうなりますか?
A:その場合でも、テキスト記載の元々の攻撃力で判定するのでダメージは0になります。(10/05/29)

Q:裏側表示モンスターでも破壊する事は出来ますか?
  また、この場合ダメージを与えることができますか?
A:はい、破壊でき、テキスト記載の元々の攻撃力分のダメージを与えます。(10/05/29)

Q:モンスタートークンでも破壊する事は出来ますか?
  また、この場合ダメージを与えることができますか?
A:はい、破壊でき、そのモンスタートークン特殊召喚したカードに記載された元々の攻撃力分のダメージを与えます。(10/05/29)

Q:攻撃力が変化している「冥府の使者カイエントークン」を破壊した場合、ダメージを与える事はできますか?
A:いいえ、カードに記載された攻撃力は?ですのでダメージを与える事はできません。(10/05/29)


Tag: 《エッジ・ハンマー》 通常罠

広告