《エルシャドール・エグリスタ/El Shaddoll Grysta》

融合・効果モンスター
星7/炎属性/岩石族/攻2450/守1950
「シャドール」モンスター+炎属性モンスター
このカードは融合召喚でのみEXデッキから特殊召喚できる。
このカード名の(1)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):相手がモンスターを特殊召喚する際に発動できる。
その特殊召喚を無効にし、そのモンスターを破壊する。
その後、自分は手札の「シャドール」カード1枚を墓地へ送る。
(2):このカードが墓地へ送られた場合、
自分の墓地の「シャドール」魔法・罠カード1枚を対象として発動できる。
そのカードを手札に加える。

 ネクスト・チャレンジャーズで登場した炎属性岩石族融合モンスター
 シャドール融合モンスター共通の召喚条件サルベージを行う誘発効果相手特殊召喚無効にしつつ手札シャドール墓地へ送る誘発即時効果を持つ。

 シャドール融合モンスター融合素材属性での指定があり、このカード炎属性を必要とする。
 炎属性属性カテゴリでのシナジーが強い傾向があり、逆にシャドールにも採用しやすいカードはそれほど多くない。
 狙い目は融合召喚ディスアドバンテージを回復する《ヴォルカニック・バレット》、緊急時の防御役になる《BK ベイル》等が考えられるが、素直に《魂写しの同化》《影依の原核》を使うのも良いだろう。
 《超融合》《影牢の呪縛》を採用する場合は、《溶岩魔神ラヴァ・ゴーレム》等で相手モンスター除去しつつ融合召喚できる。
 相手炎属性を使用する場合は《超融合》アドバンテージを得やすくなるが、相手デッキに依存するため安定しない。

 相手特殊召喚手札1枚と引き換えに無効にすることができる。
 手札墓地へ送るデメリットも、シャドールが持つ墓地送り時の効果により軽減を狙える。
 だが類似する《エルシャドール・ミドラーシュ》ノーコスト特殊召喚メタが可能な上、融合素材シャドール内で補完しやすい。
 こちらにはシャドール墓地送りがあるものの、それが目的の場合は《エルシャドール・シェキナーガ》の方が扱いやすい。
 あちらは特殊召喚全般のモンスターに対応するのに対し、こちらは一部の特殊召喚しか封じられないため、牽制力では劣ってしまっている。
 こちらはペンデュラム召喚には対応できるのだが、ペンデュラム召喚からのエクシーズ召喚などに対しては上記も対策可能であり、局地的なメリットなのは否めない。
 攻守はこちらの方が高いものの、あちらと比べて無理なく出せる手段が少ないため、シャドールでも採用率が低いのが現状である。
 【恐竜シャドール】なら《幻創のミセラサウルス》融合素材にできるため、採用の余地があるか。

  • 名前の由来は、「エグリゴリ」+「クリスタ」か。
    「エグリゴリ(グリゴリ)」とは、旧約聖書偽典『エノク書』に登場する堕天使の一団であり、原義は「見張る者」の意である。
    人間の娘たちを妻にめとり、その間に巨人族ネフィリムが生まれた。

関連カード

イラスト関連

―《エルシャドール・エグリスタ》の姿が見られるカード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:手札に「シャドールカードが存在しない場合、(1)の効果発動できますか?
A:いいえ、発動できません。(14/07/19)

Q:(1)の効果の解決時に手札が0枚の場合、無効にして破壊は処理されますか?
A:はい、処理されます。(14/07/24)

Q:カードの効果による特殊召喚無効にできますか?
A:いいえ、チェーンブロックが作られる特殊召喚に対しては発動できません。(14/07/19)

Q:(2)の効果ダメージステップ発動できますか?
A:はい、発動できます。(14/07/19)


Tag: 《エルシャドール・エグリスタ》 融合モンスター 効果モンスター モンスター 星7 炎属性 岩石族 攻2450 守1950 シャドール 特殊召喚モンスター エクストラデッキ 正規の方法以外でエクストラデッキから特殊召喚不可

広告