《エレキリム/Watthydra》

シンクロ・効果モンスター
星7/光属性/雷族/攻1500/守1500
「エレキ」と名のついたチューナー+チューナー以外の雷族モンスター1体以上
このカードは相手プレイヤーに直接攻撃する事ができる。
このカードが直接攻撃によって相手ライフに戦闘ダメージを与えた時、
自分のデッキからカードを1枚選択してゲームから除外する。
発動後2回目の自分のスタンバイフェイズ時にそのカードを手札に加える。

 STORM OF RAGNAROKで登場した光属性雷族シンクロモンスター
 直接攻撃可能な永続効果と、直接攻撃戦闘ダメージを与えた際にサーチを行う誘発効果を持つ。

 エレキでは《エレキンメダイ》《エレキングコブラ》のようなレベルチューナーレベル4の組み合わせで出せる。
 しかし、1500という微妙な攻撃力のせいで、《奈落の落とし穴》エレキと相性のいい《平和の使者》に引っかかってしまう。

 直接攻撃に成功すれば《封印の黄金櫃》のようなサーチが可能。
 だが、【エレキ】には同条件でタイムラグなしのサーチ効果を使用できる下級モンスター《エレキングコブラ》が存在する。
 エレキモンスターしかサーチできないものの、アドバンテージを稼ぐなら、あちらのほうが扱いやすい。
 除外された場合に効果を発揮するものや、《異次元の一角戦士》などの除外されているカードを併用するものと組み合わせたいが、エレキとの相性が良いわけではない。

 攻撃力が1500しかないにもかかわらず《平和の使者》によるロックが併用できないため場持ちが悪く、長く維持することで価値の生ずる効果と噛み合っていない。
 そもそも【エレキ】と対峙した相手は《奈落の落とし穴》を腐らせやすくなるため、下手にこのカードを出すと腐っていた《奈落の落とし穴》発動される危険性が高い。
 レベル7のシンクロモンスターにはライバルも多く、【エレキ】でも優先順位が低いのが実情である。

  • 「キリム(Kirimu)」はコンゴ民主共和国(旧ザイール共和国)の山岳地帯に住むニャンガ族という少数民族に伝わる森の怪物。
    「七つの頭」「七つの角」「七つの目」を持ち、人間を食べると言われている。
    しかし、食べられた人間はなぜか消化されずに、キリムの腹の中で生き続けていたらしく、ムウィンドと呼ばれる勇者がキリムを退治した所、その身体から数多くの人間が出て来て、一つの部族を作ったとされる。
    このモンスターが持つ効果(一時的にデッキから消えた後、手札へとやってくる)はこの話をモチーフとしているのかもしれない。
  • イラストでも七つの頭、七つの目を持っている。
    レベルが7なのもこの怪物の特徴から来ているのかもしれない。

関連カード

収録パック等

FAQ

Q:除外したカード手札加える効果チェーンブロックを作りますか?
A:いいえ、作られません。(10/11/13)

Q:2回目の自分スタンバイフェイズ時にこのカードフィールドに表側表示で存在しない場合、除外したカード手札に加えられますか?
A:はい、その場合でも手札に加えます。(10/11/13)

Q:2回目の自分スタンバイフェイズ時に《スキルドレイン》などでこのカードの効果無効になっている場合、除外したカード手札に加えられますか?
A:はい、その場合でも手札に加えます。(10/11/13)


Tag: 《エレキリム》 シンクロモンスター 効果モンスター モンスター 星7 光属性 雷族 攻1500 守1500 エレキ

広告