《エンシェント・ホーリー・ワイバーン/Ancient Sacred Wyvern》

シンクロ・効果モンスター
星7/光属性/天使族/攻2100/守2000
光属性チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
自分のライフポイントが相手より多い場合、
このカードの攻撃力はその差の数値分アップする。
自分のライフポイントが相手より少ない場合、
このカードの攻撃力はその差の数値分ダウンする。
また、このカードが戦闘によって破壊され墓地へ送られた時、
1000ライフポイントを払う事でこのカードを墓地から特殊召喚する。

 ANCIENT PROPHECYで登場した光属性天使族シンクロモンスター
 自身の攻撃力強化もしくは弱体化する永続効果墓地から自身を特殊召喚する誘発効果を持つ。

 お互いライフポイントによって攻撃力が変動するため、劣勢からの反撃には期待できない。
 しかし、自分が優位にある時にシンクロ召喚できれば圧倒的な攻撃力で押し切ることができる。
 自分ライフポイントが8000の場合、相手ライフポイントが5050以下なら直接攻撃でゲームエンドである。
 素の攻撃力は2100とレベルの割には低すぎるが、大抵は自身の効果で大きく上下するため、あまり気にならない。

 戦闘破壊時に自身を蘇生できるため擬似的な戦闘破壊耐性があるが、こちらは1つ目の効果と相性が悪い。
 しかし、守備表示蘇生できるのでライフの続く限り蘇生可能なにはできる。
 ライフポイントの差が非常に大きい場合、《ブレイクスルー・スキル》等で上記の効果無効にされても、自爆特攻によって再び高攻撃力攻撃する機会も得られる。
 さらに有効活用するなら自分ライフ相手より十分に上回っている時に《強制転移》送りつけ相手フィールド弱体化したところを戦闘破壊して蘇生するのも良い。

 《女神の加護》発動するだけで攻撃力3000アップが見込める。
 もし相手ライフが上回っていても、その差が2100以内なら攻撃力の上り幅はやはり3000となる。
 【天使族】ならば《ダグラの剣》を装備させることで大きなライフ差をつけられる。
 《力の代行者 マーズ》《天空勇士ネオパーシアス》と似た運用が可能なので【天空の聖域】に投入するのも面白いだろう。

 総じて爆発力を秘めたカードであるため、光属性チューナーを投入するデッキなら十分に採用が検討できる。
 中でも《ヴァイロン・キューブ》とのシナジーは抜群で、相性の良い《閃光の双剣−トライス》や上記の《ダグラの剣》サーチすることで1ターンキルも視野に入る。
 採用率の高い《エフェクト・ヴェーラー》《幽鬼うさぎ》光属性であり、後者は《緊急テレポート》からの特殊召喚も可能。
 変わったところでは《サニー・ピクシー》ライフゲインができて永続効果と相性がいい。
 その他、大量の光属性チューナーを有する【魔轟神】では容易にシンクロ召喚できる。

  • 「ワイバーン」については《ワイバーン》を参照。
    このモンスターは細長い胴体を持っており、ゲームなどに登場する翼竜似のワイバーンに馴染みの強い人からすると違和感があるかもしれない。
    胴体が細長いワイバーンは欧州の紋章などに姿が見られ、このモンスターはそれらをモチーフにデザインされたのだと思われる。

関連カード

―名前関連

収録パック等


Tag: 《エンシェント・ホーリー・ワイバーン》 シンクロモンスター 効果モンスター モンスター 星7 光属性 天使族 攻2100 守2000

広告