《エヴォルカイザー・ラギア/Evolzar Laggia》

エクシーズ・効果モンスター
ランク4/炎属性/ドラゴン族/攻2400/守2000
恐竜族レベル4モンスター×2
(1):このカードのX素材を2つ取り除き、以下の効果を発動できる。
●魔法・罠カードが発動した時に発動できる。
その発動を無効にし破壊する。
●自分または相手がモンスターを召喚・特殊召喚する際に発動できる。
それを無効にし、そのモンスターを破壊する。

 PHOTON SHOCKWAVEで登場した炎属性ドラゴン族エクシーズモンスター
 エクシーズ素材2つを取り除く事で、魔法・罠カード発動モンスター召喚特殊召喚無効にする誘発即時効果を持つ。

 エクシーズ素材恐竜族を指定しているため、基本的には【恐竜族】系列のデッキで使うことになる。
 《ハイドロゲドン》《ジュラック・グアイバ》《ダイナレスラー・カポエラプトル》効果により複数展開に繋げやすく、容易にエクシーズ召喚が可能である。
 《レスキューラビット》ならば、《メガロスマッシャーX》《セイバーザウルス》を2体リクルート可能なため、出張採用のセットとして使いやすい。
 【エヴォル】では、エヴォルドから《エヴォルダー・ウルカノドン》特殊召喚し、モンスター効果によってレベル4のエヴォルダー蘇生するか、《進化の特異点》を利用するのが基本となる。

 エクシーズ素材の消費から基本的に1度きりになるが、《神の宣告》とほぼ同等の効果を持つので相手の行動を制限しやすく、アドバンテージを奪いやすいモンスターであると言える。
 効果によって除去を防げるので間接的に耐性を持っており、攻撃も通しやすい。
 モンスター効果には対応していないが、フィールド発動するものに対しては召喚自体を無効にすれば対応可能である。
 上級モンスターと同等のステータスを持つため、相手にとって厄介な存在だろう。

 ただし、手札墓地発動するモンスター効果には対処できない。
 チェーンブロックを作って自己特殊召喚できる大型モンスターも増えているので注意が必要である。
 また、セット反転召喚には対応していないので、リバースモンスターリバースした時の誘発効果を持つ《スノーマンイーター》等なども、このカードの効果をすり抜けて除去してくる。
 これらに対しては、エクシーズ素材に同じ縛りを持つ《エヴォルカイザー・ドルカ》と上手く使い分けて対応したい。

 また、スペルスピードの関係上、カウンター罠を主体とするデッキにも分が悪い。
 対応範囲は広いが万能ではなく、前述の通り基本的に1回限りの効果ということもあるので、マストカウンターは的確に見極めたい。

  • カード名の由来は、白亜紀後期に生息していた小型肉食恐竜「ウネンラギア」だろう。
    肩甲骨の窪みの形状により、鳥のように腕を上げることができた。
  • 原作・アニメにおいて―
    アニメZEXAL第33話に登場したIV(フォー)のターゲット候補の資料に、モトス カズマというデュエリストのエースモンスターとして載っていた。
    「遊馬vs秀太」戦において秀太が使用した通常魔法《エクシーズ・フレーム》のイラストに描かれている。
    「鉄男&小鳥vsデュエルロボ」戦ではエクシーズ召喚候補のエクシーズモンスターの一枚として表示されている。

関連カード

―《エヴォルカイザー・ラギア》の姿が見られるカード

エクシーズ素材にできるレベル4の恐竜族モンスター

―自身の効果レベル4・恐竜族になれるモンスター

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:ダメージステップ中でも発動できますか?
A:はい、発動できます。
  ダメージ計算時にも発動できます。(11/07/16)

Q:モンスター召喚無効にする為に効果発動した時、まだモンスター召喚に成功する前のタイミングですが、《禁じられた聖杯》チェーン発動できますか?
A:はい、《エヴォルカイザー・ラギア》の効果自体にチェーンする形になりますので、《禁じられた聖杯》チェーン発動する事ができます。(13/03/07)


Tag: 《エヴォルカイザー・ラギア》 エクシーズモンスター 効果モンスター モンスター ランク4 炎属性 ドラゴン族 攻2400 守2000 エヴォルカイザー

広告