《オッドアイズ・ウィザード・ドラゴン》

効果モンスター
星7/闇属性/ドラゴン族/攻2500/守2500
(1):このカードが手札にある場合、
自分フィールドの闇属性モンスター1体をリリースして発動できる。
手札・デッキ及び自分フィールドの表側表示モンスターの中から、
「オッドアイズ・ドラゴン」1体を選んで墓地へ送り、このカードを特殊召喚する。
(2):このカードが相手によって破壊され墓地へ送られた場合に発動できる。
自分のデッキ・墓地から「オッドアイズ・ウィザード・ドラゴン」以外の
「オッドアイズ」モンスター1体を選んで特殊召喚する。
その後、デッキから「螺旋のストライクバースト」1枚を手札に加える事ができる。

 デュエリストパック−レジェンドデュエリスト編6−で登場した闇属性ドラゴン族最上級モンスター
 闇属性モンスターリリースし、《オッドアイズ・ドラゴン》墓地へ送って自身を手札から特殊召喚する起動効果相手破壊された場合にオッドアイズデッキ墓地から特殊召喚し、任意で《螺旋のストライクバースト》サーチする誘発効果を持つ。

 (1)は手札から自身を特殊召喚する効果
 《オッドアイズ・セイバー・ドラゴン》とほぼ同様だが、リリースコスト闇属性に変わっているため、コンボ先も異なる。
 こちらは多くのオッドアイズモンスターや、リンク召喚しやすい《リンクリボー》などをリリースコストにでき、《闇黒世界−シャドウ・ディストピア−》などとも相性が良い。
 《EMドクロバット・ジョーカー》はこのカードサーチでき、そのままリリースに使うことができるため特に相性が良い。

 (2)はオッドアイズモンスター特殊召喚し、その後《螺旋のストライクバースト》サーチできる効果
 発動条件として相手による破壊墓地へ送られる必要があり、能動的に発動を狙う場合は自爆特攻が必要になる。
 除去に対する備えと見てもいい。

 特殊召喚デッキ墓地に対応しているため、特殊召喚先は比較的融通をきかせやすい。
 ただし、エクストラデッキに送られたオッドアイズペンデュラムモンスターには対応しないため、序盤での使用を狙いたい。
 (1)で特殊召喚した場合は墓地《オッドアイズ・ドラゴン》が存在するはずなので、とりあえずの特殊召喚先は確保できる。
 追加でサーチできる《螺旋のストライクバースト》除去サーチを選択できる腐りにくいカードである。

 自爆特攻から特殊召喚するオッドアイズの中では《オッドアイズ・ファンタズマ・ドラゴン》が適しており、エクストラデッキペンデュラムモンスターの数だけ弱体化させるため戦闘破壊を狙いやすい。
 《オッドアイズ・アドバンス・ドラゴン》攻撃力が高く、戦闘破壊に成功すればこのカード蘇生できる。
 《オッドアイズ・アークペンデュラム・ドラゴン》を併用し、2体リクルートを狙ってもいい。

関連カード

―(1)の類似効果

収録パック等


Tag: 《オッドアイズ・ウィザード・ドラゴン》 モンスター 効果モンスター 星7 闇属性 ドラゴン族 攻2500 守2500 オッドアイズ

広告