《オボミ/Lillybot》

効果モンスター
星4/光属性/機械族/攻 500/守2000
(1):このカードが召喚・リバースした時、
自分の墓地の「オービタル 7」1体を対象として発動できる。
そのモンスターを表側攻撃表示または裏側守備表示で特殊召喚する。
(2):1ターンに1度、自分フィールドの機械族モンスターを
任意の数だけリリースして発動できる。
リリースした数だけ、手札から「フォトン」モンスター
または「ギャラクシー」モンスターを特殊召喚する。

 コレクターズパック−伝説の決闘者編−で登場した光属性機械族下級モンスター
 召喚・リバースした《オービタル 7》蘇生する誘発効果リリースした機械族の数だけ手札からフォトンまたはギャラクシー特殊召喚する起動効果を持つ。

 (1)の効果では《オービタル 7》蘇生でき、そのまま《輝光子パラディオス》《ギアギガント X》等のエクシーズ召喚に繋げられる。
 《オービタル 7》は自身をコストフォトンギャラクシーサルベージできるため、実質的にノーコストサルベージ効果にもなる。
 裏側守備表示での蘇生も可能なため、《オービタル 7》リバースした時の効果を狙うこともできる。

 (2)の効果では手札からフォトンギャラクシー特殊召喚できるため、上級モンスターによる手札事故への対応策になる。
 (1)の効果も加味すれば、手札からフォトンギャラクシーを2体特殊召喚するカードや、手札経由の擬似蘇生カードとしても扱える。

 難点は《オービタル 7》同様、自身がフォトンギャラクシーとサポートを共有できず、さらにその《オービタル 7》も併用しなければ真価を発揮できない点である。
 フォトンギャラクシーの中では、機械族であり自己特殊召喚効果ギャラクシーサーチ効果を持つ《銀河戦士》と併用するのが一番使いやすいだろう。
 このカード、もしくは《オービタル 7》《トランスターン》を使えば《銀河戦士》リクルートでき、特殊召喚に成功した時の効果も利用できる。
 このカード《オービタル 7》蘇生させ《トランスターン》《銀河戦士》にし、特殊召喚に成功した時の効果ギャラクシーサーチすれば、このカードの効果で即座に展開できる。

  • 原作・アニメにおいて―
    アニメZEXALシリーズで九十九遊馬の家に居候しているロボット。
    ハートランドシティに無数に配置されているお掃除ロボット「オボット」の1体であり、 元々は強盗団によって犯罪に使用されていたが、ひょんなことから九十九家に転がり込み家族同然に扱われている。
    小鳥により「オボミーナ・シャイニング・ロマノフ」と命名されかけたが、遊馬に短縮され「オボミ」と名付けられた。
    後にオービタル7と結ばれ、最終回では二児(二機?)の母となっている。
    デュエルでは、家電製品をモチーフとした「オンボロボ」と名のついた地属性機械族からなるデッキを使用する。

関連カード

収録パック等

FAQ

Q:ダメージステップリバースした時に(1)の効果発動できますか?
A:はい、発動できます。(14/05/17)


Tag: 《オボミ》 効果モンスター モンスター 星4 光属性 機械族 攻500 守2000

広告