《カオス・インフィニティ/Chaos Infinity》

通常罠
フィールド上に守備表示で存在するモンスターを全て表側攻撃表示にする。
さらに、自分のデッキまたは墓地から「機皇」と名のついたモンスター1体を特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターの効果は無効化され、エンドフェイズ時に破壊される。

 EXTREME VICTORYで登場した通常罠
 モンスター攻撃表示にした後、デッキ墓地から機皇特殊召喚する一連の効果を持つ。

 特殊召喚対象範囲にある機皇レベル4以下に偏っており、タイムラグのある罠カードである点、発動条件として守備表示モンスターがいないと使用できない点など、蘇生手段としては《アイアンコール》より扱いにくい。
 デッキ圧縮を兼ねつつデッキから機皇リクルートできる事、また表示形式変更によるコンボの可能性が売りと言えるだろう。

 守備表示モンスター攻撃表示にする効果相手にも及ぶため、それなりの威力が見込める。
 《機皇帝グランエル∞》効果をはじめ、守備表示特殊召喚する効果は多いため、それらを即座に戦闘に参加させるためにも使える。
 他にも裏側守備表示モンスターに影響する点を利用し、リバースモンスター誘発効果セットしたターン発動できる。
 また、同時にリリース要員の確保ができるため、扱い辛い《幻想召喚師》効果も使いやすくなる。

 特殊召喚する効果自壊効果無効があるとはいえ、リリースシンクロ素材エクシーズ素材に関する制限が一切無いのは大きい。
 特に機皇兵レベルが4で統一されているため、ランク4で機皇帝と相性の良い《No.39 希望皇ホープ》エクシーズ召喚を補助できる点も優秀。
 また、デメリット《機皇兵スキエル・アイン》召喚して自爆特攻すれば回避可能であり、例え自壊しても機皇帝召喚トリガーとなるため、【機皇】においてはかなりの活躍が期待できる。

 前述のように、様々なリバースモンスターとのシナジーが見込める。
 《ワーム・ゼクス》《墓守の偵察者》なら、素材を3体要するエクシーズモンスターを即座に利用できる上、表示形式変更により《No.91 サンダー・スパーク・ドラゴン》等の表側表示モンスターが必要な効果も活きる。
 《墓守の偵察者》の場合は《墓守の末裔》による除去を狙える点でも強力である。
 とはいえ、《王家の眠る谷−ネクロバレー》発動していると、このカード発動できない場合があるので【墓守】で採用するには注意が必要。
 《メタモルポット》効果セットしてすぐに使えるので、簡単に大幅なアドバンテージを得られる。
 《機皇兵ワイゼル・アイン》《ブラック・ボンバー》を共有できる《魔装機関車 デコイチ》も相性が良く、カラクリ等を交えた構築も可能だろう。
 守備表示となった《ライトロード・マジシャン ライラ》効果を再び使用する事もできる。
 霊使いリバースして対応する機皇兵を呼び出し、憑依装着を呼び出す事もできる。
 この際の誘発効果モンスターを奪うことができれば機皇エクシーズ召喚も行える上、《憑依装着−ダルク》ならば相性のいい《幻想召喚師》サーチまで行える。
 変わった所では、《雷仙人》効果を即座に利用した上でエクシーズ素材とする事でライフロスを回避できる。

 除外さえされなければ機皇兵1枚でも機能するため、エクシーズ召喚を狙えるデッキならば【機皇】に限らずとも投入可能なのもこのカード汎用性の高さ。
 対応する機皇兵も、と、3種類の属性からデッキに合わせた選択ができる。
 ランク4の属性縛りのエクシーズモンスターの他、カオス《ダーク・シムルグ》といったカード墓地コストを稼ぐ役割も持てるだろう。

関連カード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

発動条件について

Q:フィールド上にモンスターが存在しない時、あるいは攻撃表示モンスターのみが存在する時に発動できますか?
A:いいえ、発動できません。(11/02/11)

Q:守備表示モンスターは存在するが、デッキ墓地機皇が存在しない場合、発動できますか?
A:いいえ、発動できません。(11/02/11)

Q:《大天使クリスティア》《虚無魔人》等が存在する時にこのカード発動できますか?
A:いいえ、発動できません。(11/02/23)

Q:《王家の眠る谷−ネクロバレー》適用中に、このカード発動できますか。
A:墓地のみに機皇が存在する場合発動できません。
  デッキ内に特殊召喚する事のできるカードがあれば発動可能で、デッキからのみ特殊召喚できます。
  デッキの全ての機皇《サイ・ガール》除外されていた場合は表示形式の変更のみを行います。(13/01/21)

不発となる場合について

Q:効果解決時フィールド上に守備表示モンスターが存在しない時に特殊召喚する効果適用されますか?
A:いいえ、適用されません。(11/02/11)

Q:守備表示モンスター表側表示《E・HERO ワイルドマン》のみの場合特殊召喚する効果適用されますか?
A:いいえ、適用されません。(12/01/07)

Q:このカードの発動チェーンして発動されたカードによって、特殊召喚可能なカード除外され、特殊召喚ができなくなりました。
  その場合、このカード特殊召喚する処理は行えませんが、表側攻撃表示にする効果適用されますか?
A:はい、適用されます。(13/01/13)

特殊召喚後の扱いについて

Q:エンドフェイズ破壊チェーンブロックを作りますか?
A:いいえ、作りません。(11/02/11)

Q:この効果特殊召喚した《機皇兵スキエル・アイン》戦闘破壊された場合、特殊召喚する効果適用されますか?
A:はい、無効にならず適用されます。(11/02/11)

その他

Q:特殊召喚する効果対象をとりますか?
A:いいえ、対象をとりません。(11/02/11)

Q:裏側守備表示モンスター表側攻撃表示になりますか?
A:はい、なります。(11/02/22)

Q:表示形式の変更と特殊召喚は同時ですか?
A:同時ではありません。攻撃表示にした後で特殊召喚する処理を行います。(12/01/07)

Q:この効果により、《素早いビッグハムスター》強制効果)をリバースした場合、タイミングを逃さず効果発動できますか?
A:はい、このカード効果処理終了後にリバース効果発動し、その時に《素早いビッグハムスター》特殊召喚する効果適用させるかどうか選択できます。(11/03/03)

Q:この効果により、《極星獣タングニョースト》《裏ガエル》攻撃表示にした場合、タイミングを逃さず効果発動できますか?
A:いいえ、攻撃表示にした後で特殊召喚する処理があるため、タイミングを逃します。(11/03/03)

広告