《カオス・ソルジャー》

通常モンスター(使用不可カード)
星8/地属性/戦士族/攻3000/守2500
B・W・Dと同等の能力を持つ最強の戦士。

 「遊戯王デュエルモンスターズ」全国大会 優勝賞品で登場した地属性戦士族最上級モンスター
 世界でたった1枚しか存在しないカードであり、後に以下のようなレプリカ版が登場した。

  • 通常のカードとは異なりステンレス素材でできているため、公式デュエルには使用できない。
    フリーデュエルで使用する場合も、スリーブに入れるなどして区別が付かないようにする必要がある。
  • このカードを贈呈された全国大会優勝者がオークションに出品した結果、202万円で売却され、新聞の一面を飾るニュースとなった。

《カオス・ソルジャー/Black Luster Soldier》

儀式モンスター
星8/地属性/戦士族/攻3000/守2500
「カオスの儀式」により降臨。

 PREMIUM PACK 2で登場した地属性戦士族儀式モンスター
 《究極竜騎士》融合素材であり、儀式モンスターの中でもトップクラスのステータスを誇る。

 一見すると、同じステータスで追加効果を持つ《超戦士カオス・ソルジャー》下位互換に見える。
 しかしこのカードは「レベル8以上になるよう」モンスターリリースすればよい《カオスの儀式》が使える点が大きなメリットとなっている。
 カオス・ソルジャー関連のリリースサポートは、レベル7の暗黒騎士ガイア系列と、レベル4の《宵闇の騎士》《開闢の騎士》に分散しており、これらを無理なく併用できる。
 一方で、《超戦士カオス・ソルジャー》儀式召喚できる儀式魔法には、リリースレベル合計を儀式召喚するモンスター以上にしてよいものがないため、こうした運用が不可能である。
 さらに《超戦士カオス・ソルジャー》と異なり《儀式の下準備》にも対応しており、動きやすさという点では《超戦士カオス・ソルジャー》を大きく上回っている。

 運用方法については【カオス・ソルジャー】を参照。
 《宵闇の騎士》《開闢の騎士》儀式魔人などで効果を付与できるので、単なるバニラにはなりにくい。
 場合によっては暗黒騎士ガイアとも併用できる《一回休み》等と併用して、効果を持たせずに儀式召喚を狙うのもいい。
 それらのカードを採用しなくとも、効果モンスターメタをスルーできるという事は覚えておきたい。
 また《究極竜騎士》融合素材であるため、《融合徴兵》《融合準備》サーチサルベージも可能である。

 《究極竜騎士》融合召喚する場合、《青眼の究極竜》《沼地の魔神王》等で代用し、このカード融合を行うのが基本となる。
 《おろかな埋葬》《トレード・イン》墓地へ送り《龍の鏡》に繋げるのも良いだろう。
 なお、《青眼の究極竜》融合素材である《青眼の白龍》とは共有できるカードが多く相性が良い。
 《青眼の白龍》1枚で儀式召喚リリースを賄え、《高等儀式術》で直接墓地へ送ることも可能。
 1度儀式召喚に成功すれば《ダイガスタ・エメラル》効果蘇生でき、この場合も《青眼の白龍》と共有できる。

  • 「乃亜編」の回想シーンにおいて、海馬がモクバに株の仕組みを計100枚のカードで説明する際に使用している。
  • 「遊戯vsアテム」戦の決戦前夜においてデッキ作りのためテーブルに置いたカードのうちの1枚。
  • 米国で制作された『遊戯王カプセルモンスターズ』(Yu-Gi-Oh! Capsule Monsters)でも遊戯のモンスターとして登場。
    「デュエル・アーマー」によって、遊戯本人と融合して戦った。
  • アニメGXの「十代vs遊戯」戦では、十代の永続魔法《亜空間バトル》の効果で遊戯が手札に加えた。
  • アニメ5D's第5期OPの冒頭部分でこのカードが登場している。
  • アニメARC-Vの第126話において、赤馬零王がリアルソリッドビジョンに関する話をしている際の回想シーンで、その姿が登場している。

関連カード

融合関連

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

―使用不可カード

―使用可能カード


Tag: 《カオス・ソルジャー》 儀式モンスター モンスター 星8 地属性 戦士族 攻3000 守2500 カオス カオス・ソルジャー

広告