《カオス・ネクロマンサー/Chaos Necromancer》

効果モンスター
星1/闇属性/悪魔族/攻   0/守   0
このカードの攻撃力は、自分の墓地に存在する
モンスターカードの数×300ポイントの数値になる。

 混沌を制す者で登場した闇属性悪魔族下級モンスター
 自分墓地モンスターの数×300が攻撃力になる永続効果を持つ。

 シンクロ召喚エクシーズ召喚エクストラデッキモンスターも多く登場する現環境では、墓地モンスターはすぐに溜まる。
 属性レベルに恵まれ、《キラー・トマト》《ワン・フォー・ワン》に対応し、攻撃力を上げつつデッキから特殊召喚できる。
 7体のモンスター墓地に存在すれば攻撃力は2100、10体ならば3000となり、各種ウイルスにも対応する。
 《光学迷彩アーマー》等を用いれば1ターンキルも狙える。

 しかし序盤に引いてしまうと腐ってしまうのが難点で、レベルの低さはエクシーズ召喚等に利用しにくいというデメリットにもなっている。
 耐性などを持っているわけでもなく、この効果のために墓地を肥やすよりエクシーズモンスター等を使用したほうが手軽に高攻撃力を得られてしまう。
 もっとも通常召喚から高い攻撃力を持つモンスターを出せるというのはそれらにはない利点である。

 モンスター墓地利用を中心とするデッキとは相性がよく、【雑貨貪欲ターボ】への投入や《カードガンナー》との併用をすれば、状況次第で思わぬ攻撃力を発揮してくれる。
 同様に、墓地モンスターが溜まりやすい【ライトロード】への投入も考えられる。
 実際1ターンで爆発的に攻撃力を上げる【カオスゲート】というデッキが存在する。
 《ジャンク・ウォリアー》とも相性がよく、《ジャンク・シンクロン》《ダーク・バースト》を共用もできる。

 また守備力も0なので、《悪夢再び》で回収できる。
 《魔導雑貨商人》効果で《カオス・ネクロマンサー》2体を含む大量のモンスター墓地に送り、《悪夢再び》から手札加えるのが理想的か。
 《金華猫》蘇生にも対応するのも大きい。

  • 「ネクロマンサー(Necromancer)」とは主に「死霊使い」などと和訳される、現実に存在した職業である。
    呪術的な儀式の中で、死んでしまった人間の言葉を伝えたり、霊を慰めたりする、日本で言う口寄せや霊媒に似たような事を生業としていた。
    一方でファンタジー世界においては、仕事の一環として上と似たような事を行うシャーマン精霊使いに対し、ネクロマンサーは死体を蘇らせて僕として使役する、邪悪な存在として描かれる事も多い。
    イラストからはこのモンスターもそのイメージが強い。

関連カード

―《カオス・ネクロマンサー》の姿が見られるカード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:墓地の枚数が変化すると、カード攻撃力も増減するのですか?
A:墓地カード枚数が変化した場合攻撃力を再計算します。

Q:墓地に6枚以上モンスターカードがある時に《クリッター》などの効果手札にこのカード加えることは可能なのですか?
A:はい、できます。

Q:墓地モンスターカードが5枚あり、攻撃力が1500となっている《カオス・ネクロマンサー》に《収縮》発動されました。この時攻撃力はいくつになりますか?
A:《カオス・ネクロマンサー》の攻撃力は自身の効果によって変化した数値のままとなります。 したがって、攻撃力1500の場合は1500のままとなり、墓地モンスターの数が変化する度に攻撃力を計算します。(14/07/12)

Q:《巨大化》を装備した場合、攻撃力はいくつになりますか?
A:《巨大化》効果適用されている限り、攻撃力は0になります。(10/01/28)

Q:《進化する人類》を装備した場合、攻撃力はいくつになりますか?
A:自分墓地モンスターの数×300ポイントの攻撃力となります。(13/11/20)


Tag: 《カオス・ネクロマンサー》 効果モンスター モンスター 星1 闇属性 悪魔族 攻0 守0

広告